2020.07.19 Sunday

オオカミとヤマネコ

0

     

    共助と自律。

     

    助け合うことと、責任を果たすこと。

     

    肉のような柔軟さと、骨のような硬さ。優しさと支え。流動性と堅牢性。

     

    内骨格、それとも外骨格か。

     

    それを支える腱。材質を調整すればコラーゲン、形態を調整すればアポデム。硬度と接着面積の問題。

     

     

     

    オオカミとヤマネコ。群れと単独生活。

     

    生存戦略。外骨格。鎧と戦車。群れ。同盟と国家。

     

     

     

    人として”どうあるべき”か?

     

    いつも思うのはこのことである。新生児を手厚く保護すると、身体が弱くなる。エアコンの中で育った個体は、より厳しい環境で育った個体よりも軟弱になってしまう。

     

    だが、新生児を保護しない場合、死亡リスクが上がる。生き残る個体数が減る。

     

    新生児にエアコンを使うべきか否か? 個体の強化と保護はいずれが重要か?

     

     

     

    こういう話がある。子育てにおいて最適の母親というのは、素晴らしい人格者の母親ではなく、”それなりに善良な母親”なのだと。

     

     

     

    有機的な環境調整。サバクトビバッタの相変異。神の見えざる手。共食いモルフ。

     

     

     

    腱は、肉ほど柔らかくはなく、骨ほど硬くもない。肉ほどは内包できず、骨ほど排他的にもなれない。

     

    生物は設計されている。しかし人間は、知性によってその設計を拡張し克服することができる――少なくとも、そうしようと試みる生き物である。

     

     

     

    JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

    2020.06.28 Sunday

    In-Di-Visual

    0

       

      少し前に、小社会と大社会について書いた。その延長の話。

       

       

       

      小社会の倫理は、善意と助け合いの倫理である。これは集団生物としての、人間のより本能的な能力だと言える。

       

      助け合いと集団化によって、社会の効率は個別のサバイバルよりも遥かに向上し、安定し、堅牢になる。

       

      個人と家族、家と家、組織と組織が手を組むことで、人間の力は何倍にも増幅され想像もしなかったような作業が可能になる。

       

      一方、この倫理規範の欠点は、一言で表せば無責任さと排外主義である。

       

      人は課題に直面した時に他者を頼るようになり、自分の責任を意識しなくなり、成長能力が抑制される。また自然と身近な人間を贔屓しはじめ、集団にとって不都合な事実を指摘する個体が現れたときには、結束を脅かすような批判の声を怒りをもって抑圧し排除するようになる。

       

       

       

      大社会の倫理は、責任と自律の倫理である。服を着た動物としての、人間のより高度な認知適応能力に由来する。

       

      社会に組み込まれたメタ認知装置としての法律と規則、そして契約という概念によって、人は自らが果たさねばならない責任を規定する。

       

      それは長い戦争の歴史を通して、暴力による淘汰の世界観を克服しようとする高等生物としての人間が、個々のエゴイズムからお互いを守り合うために作り上げた鎧であり盾である。

       

      この規範を通して人は自らを客観視し、より高い理想の姿を自発的に求め、その成長能力を最大限に引き出していく。

       

      この倫理規範の重大な欠点は、冷酷さと社会の混乱である。

       

      集団の力に頼らない人は、個別のサバイバルの世界を生きねばならない。周囲を取り囲む存在は中立者、敵対者、利害の一致する協力者であって、仲間とか血族のようなものではないため、少し歩み寄って他者と補助しあえば容易に解決できる問題を、あくまで道筋通りに遠回りして難しくする。自らの責任を果たそうとする分、他者の無責任や社会の不公平、不平等に極端に敏感になり、社会の中の隠された対立と不和の種を、成長させ複合させ破滅の扉を開かずにはいられない。

       

       

       

      善意のある人々が種を撒き、責任感のある人々が拡大させる。こうして社会は腐敗と憎悪に満たされていく。

       

      もしも私達が両輪を使えたとしたら、今の社会状況はずっと違っていたのかもしれない。

       

      多分、ごく粗雑な考えだが、貧すれば鈍する、不景気になるとどんな人間も人格の悪い面が出てくるという、それだけの話なのだ。

       

       

       

      後記:

      最も不都合なのは、こうしたことの犠牲になるのはいつも、社会の中で一番弱い立場に居る人たちだということだ。逃げ場のない人間が無責任の尻ぬぐいに使い潰され、助けを必要とする人が自己責任の名目の下で冷えきった死体に変わる。

       

      責任と善意は二項対立で、どちらかを取ればもう片方が犠牲になる。私達は、どちらにしろ負けの決まった戦いをしているのだ。これが人間の限界なのだろうか?

       

       

       

      JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

      2020.06.06 Saturday

      あもうずの毒

      0

         

        宇津流霊の存在が私達に示しているのは、あらゆる存在は、変化を代謝することによってしかその形を維持存続できないということだ。

         

        この宇宙全体が、ひとつの巨大な恒常性によって成り立っている。粗雑な空想ではあるが、ブラックホールとかホワイトホールとかの概念を、この恒常性における変化のエネルギーの出入り口と想定することもできそうだ。

         

        これは私達にとって、この世界のとてつもなく大きな葛藤的側面だと言える。

         

        存在は変化から解き放たれることがない。全ての存在は変化し続けなければならない。

         

        変化することを拒絶したらどうなるのか?

         

        その存在は固着し、萎縮し、機能不全を起こして崩壊しはじめる。それと並行して、別のより恒常性の高いシステムが優勢になり、古い物を取り囲んで、世界から排除してしまう。

         

        禍福は糾える縄の如し。安定と安寧の千年王国のようなものは、やはり幻想である。一時成り立つとしても、それはどこかに歪みを蓄積しており、必ず揺り戻しがある。

         

        宇津流霊の存在が私達に示しているのは、私達は変化し続けなければならないということだ。嫌々ではなく、むしろ積極的に無邪気に、義務として自分たちを取り巻く不安定の中に飛び込んで行かねばならないということである。

         

        変化の程度が過ぎればそれも害になるが、生命の卑近な欲求は常に永遠の安寧を望むものであり、この場合苦労を買って出て買いすぎるということもない。むしろ苦労しなさすぎるせいで、人はその存在を危険に晒す。

         

        こうしたことは私達にとって、大きな矛盾のように思える。安定に固執するものは滅び、変化を代謝するものは永続に近付く。世界には混沌と、変化と破壊の風が、常に吹き荒れねばならない。

         

        (もしもあなた方が最早それを許容できず、完成された立場を放棄するくらいならむしろ衰退と破滅の道を選ぶのだとしても。その時この世界は、あなた方が「滅んだ」と思ったその土地の上に、新しい種を繁栄させるだろう)

         

        個人も組織も、国家も、この世界の何もかも。命は更新されねばならない。成長は苦しく不安定で、痛みがつきまとう。その痛みと共に進まねばならない。明るく、笑って。

         

         

         

         

         

        JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

        Calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << July 2020 >>
        Webサイト
        夜沌舎 https://yoton.org
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Mobile
        qrcode