2019.03.26 Tuesday

超越と自己形

0

     

    昨日の記事の補足です。

     

    私たちの”自己”というものは様々な形を取り得るもの。

     

    様々な形を取りうるのは、”自己”というものは誰にでも共通の絶対的な構造ではないからです。

     

    本質としては、あらゆる”自己”は私たちの言語的な認識作用が見せる幻想、存在しない空想上の観念なのです。

     

    (このことは宗教的な文脈では、シンプルに『”私”はない』などと表現される)

     

    そしてこの『”自己”は幻想である』ということへの気付きこそ、宗教的な精神修養における明確な目標、目指すべき到達地点、ある特別なゴールであると言えるでしょう。

     

    ではそうした状態に至った精神の場合、『自己形』はどんな形を取るでしょうか。図で表すとこのようになります。

     

     

     

    統合失調者においてそうであるように、中心的な線の周囲にいくつもの分離した部分が浮かびます。これは何かというと、実は”他者”の意識です。

     

    中心にある少し濃い色合いの精神が、一般に私たちが”これが自己である”と考えている部分。自意識から解放された人、自他境界を抜け出た人からすると、この部分は空間的に強調されている(偶然身近にある)意識なのであって、”私の”意識と言えるものではありません。

     

    空間的に離れている部分にも、同じように”私の”とは言えない意識が遍在していて、そのどれに”自己”が宿るわけでもなく、意識世界は自分/他人という分別無く全体としてただ”在る”という実感を生じます。

     

    ですから上の図は図全体が”意識世界”です。それは”誰の”意識ということはできません。またこの場合、”自己”はこの部分にある、と指し示すこともできません。

     

    想像しにくいかもしれませんが、重ねて言うように、『解放された人は自己を持たない』ということなのです。

     

     

     

    ブログランキングに参加しています。

    クリックで応援をお願いいたします。

     

    JUGEMテーマ:心理学

     

     

    2019.03.25 Monday

    精神疾患と『自己形』

    0

       

      以下は簡略化された着想のようなものなので、ご承知のほどを。

       

      仏教やヨーガの思想を学ぶ中で、私は、『自己からの解放』という現象が精神の健康や成長に深く関与しているという実感を持っています。

       

      『自己』とは私たちが生まれた頃から少しずつ心の中に形作っていく『砂の城』、”私”という限定された視点、主体の根拠です。

       

      誰もが同じように持っているはずの『自己』というコンセプトは、根本的に言えば社会的な幻想であり、実際は私たちの精神はもっと様々な精神形態を成し得るものです。

       

      そうした『自己』の本来的な様々な形を、今、便宜的に『自己形』と呼ぶことにしましょう。

       

      そして試みとして、様々な精神疾患の類型を通して、『自己形』がどれだけ豊かに存在し得るのかということを示していきたいと思います。

       

       

       

      始めに、定型発達の健常人。心理的な揺らぎはあっても、一貫して”自己”というコンセプトを中心に精神活動が行われる。

       

       

       

       

      次に、発達特性の歪みがある場合。一般に自閉傾向と呼ばれるもの。精神活動は場当たり的で、一貫性がなく、気まぐれ。自己は希薄であるか、場合によっては存在しないようにさえ見える。「大事なこともすぐに忘れる。」「頭ではわかるのに、やるべきときに実行できない。」

       

       

       

       

      統合失調傾向の場合。ストレスが高じた時など、場合により精神の一部が自己から離脱し、精神内界に自分以外の”異物”となって浮遊する。

       

      この異物的感覚はそれ自体、精神が分断されることによる不安や苦痛を伴うので、自然に増幅していき、脳の論理回路に苦痛の原因を探すよう強く働きかける。活動を強いられた論理回路は、幻視、幻聴などの仮解釈を通して、精神を意味ある回避的方向へ導こうとする。だからこの際生じる幻覚的解釈は、独特の奇妙な誘因力を持って本人の注意を引きつけたり、苦痛の原因を”ついに見つけた!”という微少なアハ体験などを伴う。

       

      自分の心の一部が自己の中から分離してしまうというのは、例えば「自分自身が感じている他者への羞恥心」が、あたかも「自分以外の誰かが脳の中に誹謗中傷の言葉を電波で流してくる」などと感じられるようなことである。

       

       

       

       

      解離性人格。特に、解離性同一性障害。過度な適応などによって、その場その場で自分の一貫性すら失ってしまう。患者にとって自己というのは、自分がそこに居る『場所』を意味している。『場所』が同一でありさえすれば、その場所の中では人格の一貫性は維持され得る。反対に、社会的な居場所や環境が変わることは、ただちに人格が変容してしまうことを意味するだろう。

       

      本人の思い込みや、ペルソナでしかないものへの”名付け”による積極的な人格特定によって、個々の細分化された人格の発達と個性化は促され、症状は深刻化していく。

       

       

      典型的なものをいくつか例示してみました。繰り返しになりますが、これはただ個人的な着想に過ぎないものですので、悪しからず参考までにご覧下さい。

       

       

       

      ブログランキングに参加しています。

      クリックで応援をお願いいたします。

       

      JUGEMテーマ:心理学

       

       

      2019.03.24 Sunday

      プロトコル42

      0

         

        世界を進化させるための1ステップは、実に簡単なことだと常々思う。

         

        ただ単に人間達が、『自分の頭の中の”現実認識”は現実そのものではない』ということを理解するだけで良い。

         

        しかし私が試みた限りでは、この観念は現代の人間社会には獲得できないようだ。

         

        こうした単純な事実がわからないというのは不思議なことだが、もしかしたら、種の多様化や軍拡競争における都合上、現生人類の精神能力には何かしらリミッターのようなものが働いているのかもしれない。

         

        だとしたらそれは、文化の発達レベルがある特異点を超える時に入るスイッチのようなものを備えていて、ちょうど飢えたイナゴが一斉に相変異を起こすように、時が来れば人類も足並みを合わせて進化していくのだろう。

         

        私は先に進んだ。才能があったわけでも努力したわけでもない。ただ単に有機的な環境調整の結果として、間引きされる枝のように、選別されそこへ追いやられただけだということが今はわかる。

         

        今日、散歩途中に、まだつぼみも付けないチューリップが並ぶ花壇の中、一輪だけ大きく背伸びした早咲きのものがあるのを見た。

         

        時節を間違えるのは愚か者のすることだ。だがそれも天の定めによる。自分で選ぶものではない。

         

         

         

        ブログランキングに参加しています。

        クリックで応援をお願いいたします。

         

        JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

         

         

        Calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << March 2019 >>
        【 ランキング参加中 】


        Webサイト
        夜ルコト 心理ワークス https://yorukoto.net
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Mobile
        qrcode