2019.07.28 Sunday

悟りと見立て

0

     

    もしも私たちが精神修養を指導すべき立場にあるなら、修養者一人ひとりの精神をどのように成長させていけば良いか、その見立てを持たねばならない。

     

    自分が教わったこと一つ、これ一つやっておれば何とかなるだろうと、そんな粗雑な理解ではいけない。指導者は、修養を通して自らの精神に起きた変容の本質を良く分析理解し、そこから逆算して、まだそうでない人が先に行くためにはどのようなピースが必要なのかを考えねばならない。

     

    自己形成の課題を持っていたり、特別な環境下にある人についてはそれ相応の工夫が必要である。そうした個別の工夫を上げていけば人類70億通りのものがあり一口に言えないが、参考までに基本となる典型を次のように考えて良い。

     

    悟りの課題には、頭と心、この2つがある。

     

    頭とは論理や教学、賢さに関わること。

     

    心とは人間性や奉仕、心の豊かさに関わること。

     

    二つの課題の両方が整って始めて、悟りの段階は姿形が整う。頭だけ良くしても冷え切った哲学になり、心だけ良くしてもほとんど狂気に近い。

     

    両方を良い状態に育てていくことが必要だが、精神修養の始まりの段階では、一般的に男性は頭の部分はすんなり起きてくるのでこちらに偏重する。女性は心の動きを通して学ぶことがはっきりとわかりやすいので、そちらに偏重する。

     

    だから男性は仏教とか哲学などに適応が良く、女性は神秘主義や、キリスト教浄土真宗などの物語の教えと、奉仕活動に適応が良い。(あくまで典型であり、あてはまらない人も多いが)

     

    そして大体、偏重したままである程度の段階まで進み、最後の最後でもう片方の問題に行き詰まる。

     

    行き詰まって、ぶち当たって、この最後の壁を崩壊させたら、そのあたりで本人自覚するところがあるだろう。

     

    例として言えば、頭だけでやってきた人は、何かしら大変ショックな出来事でそれまでの情動や世界観が揺さぶられた時に壁を乗り越えたりする。

     

    心だけ育ててきた人は、整った良い教学を少しずつ学んでいく中で、いずれ物事の整合性がかちりと絡み合う、そのような霊的ひらめきで不意に視界が開かれることもあるだろう。

     

     

     

    JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

    2019.07.24 Wednesday

    悟りと男女

    0

       

      一部の仏教などでは、女性は悟らないということが言われる。指導者たちは経験的にそう感じていたのだろう。

       

      男性も女性も、精神が成長すれば結局は悟りに進むという点では同じだ。

       

      だがその悟りかたには確かに違いがある。

       

      男性の脳内の言語世界、つまり論理的なものの考え方というのは、比較すればより緊密で強度が高く、それに伴って”私”概念も強い自立性、独立性を持つ。

       

      女性の脳内では肉体的な感覚などがより優先され、言語は感覚と強く結びついて、言語自体の独立性は低い。

       

      悪く言えば、脳機能的に見れば男は頭でっかちで、女は身体で考えるクセがある。

       

      こういう事情があって、悟りの現象が言語世界の瓦解と再構築を促すとき、その衝撃は女性よりもむしろ男性において、強烈なショックを持って起きてくる。

       

      (そもそも女性は、悟りの現象において言語世界の瓦解を必要としないことも多い。雨宮大慈曰く『女性は生まれつき悟っている』。だが言語世界に依存しないというその特徴が、女性の心とその修養過程をより捉え所のない曖昧なものにもしてしまうのだが。)

       

      強い言語世界を持つ男性は、女性よりも悟りの段階における衝撃が強いのだ。比較して言えば、女性はその段階に進んでもそこまで激烈な変容体験を起こさないので、このことが男性指導者をして「女性は悟らない」という誤解を抱かせるのだろう。

       

      だが見誤るべきでないのは、精神変容に伴って感ずる刺激や爽快感がどれほど強いか/浅いかなどという問題は、悟りの本質とは全く関係がないということだ。

       

      悟りという現象の恩恵はあくまで、その過程を経て生まれてきた人々の優れた素質と精神性が、私たちの生きるこの世界に発散され影響を波及させていく部分にこそある。

       

      そのような優れた性質を獲得しうるかどうかという点に着目して見比べてみれば、男女の性の違いは悟りの現象において根本的な問題ではないということがわかるだろう。

       

      ※便宜上ここでは男女という概念を典型的に扱うが、悪しからず。

       

       

       

      JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

      2019.07.24 Wednesday

      悟りと病理

      0

         

        悟りという現象は、私たち人間が持つ言語的な能力に深く関連している。

         

        私たちの脳内にある言語世界は、人生を通して経験した肉体感覚が、言語というラベルと共に系統立てて保存された、一種の記憶データベースである。

         

        そのデータベースがある程度育つと”私”という概念が創発され、言語世界に中心性が生じてくる。

         

        その”私”概念がより成長し複雑化していくと、いずこかのタイミングでこの概念は引き裂かれ、崩壊し、もはやその強力な形や中心性を保てなくなる。

         

        これが悟りという現象の典型である。

         

        そこで私たちは気付かねばならないが、生まれて以来まだ”私”という概念を作り上げていない人がいるとしたら、その人は順当な経路に沿って悟ることはできない。

         

        その場合、まずその人の中に自然に”私”の概念が育つのを待つか、でなければ教学の深い所を教えて、自己形成の課題を迂回させてやる必要がある。

         

        後者の場合も、後々社会不適応を起こさないためには”私”という概念とは一体何か、それを持つこと持たないことで何が起こるのかを、理論的にだけでも理解させねばならない。

         

        さて、このように悟りは自己形成という課題と関連があり、”自己”概念は私たちが精神の成長のある時期だけ持っているべき一過性の幻想、という特徴を持つ。

         

        このような”自己”幻想を持てない顕著なパターンとは、現代で言えば特に神経発達症と診断される人々の場合である。

         

        発達障害、ADHD、アスペルガー症候群、言い方は何でも良いが、自己形成と悟りの間には、切っても切れない順序的な関わりがあることを知っておくと良い。

         

         

         

        JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

        Calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << August 2019 >>
        【 ランキング参加中 】


        Webサイト
        夜ルコト 心理ワークス https://yorukoto.net
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Mobile
        qrcode