2019.03.15 Friday

デス・ツーリズム

0

     

    長期計画として、『死の家』では海外への安楽死旅行(デスツーリズム)を事業として行う予定です。

     

    そして更にその後には、法改正の後の国内安楽死事業の整備を目指しています。

     

    今現在の日本では、こうした計画を立てること自体かなり不謹慎と思われるかもしれません。しかし、将来的には人権意識の向上の兼ね合いで、『死に方を選ぶ権利』というものが必ず目に見える課題として立ち現れてくると思います。

     

    この流れを推進する側の人間として、もちろん私自身は、安楽死を通して死を迎えるつもりでいます。一月ほど山中の別荘にでも隠れて世の中を振り返りつつ、気の向いた朝にこの世界にお別れを言いたいと考えています。(それが国内になるか、国外になるのか、まだわかりませんが)

     

    現代の私たちは、死をかなり恐れる傾向にあります。だから『安楽死』と聞くと、なんだか恐ろしい禁忌、あってはならないことのように感じるでしょう。

     

    安楽死の法整備や安楽死施設の設置は、倫理の腐敗、生命の軽視と、優生思想を誘引する、と考えている人もいるはずです。

     

    しかし私が思うに、安楽死施設の設置が、生命倫理を腐敗させることはありません。むしろそれを向上させるのです。

     

    なぜなら己の死生観を深める機会に恵まれ、その命のパズルを完成させた人間だけが、自らの生命を恐怖なく終わらせることができるのだから。

     

    こう考えると、安楽死施設が実働するかどうかということは、実は大した問題ではありません。社会の中にそうしたモニュメントが存在すること自体が、私たちの低下した生命倫理への感性をもう一度復活させ、一人ひとりの人生への主体性が取り戻されるきっかけとして、その役割を果たしてくれるはずだからです。

     

    ただ、今でさえ、意図強き人々が年老いてからも様々な形で自殺を図ります。納棺師としての私のキャリアの中では、家族に恵まれた裕福な女性がぼけるのを嫌って首をつった事例があったし、もっと気丈な人になると、死ぬ一月ほど前から絶食して、ジャイナ教の高僧のように枯死を選んだという方もおられました。

     

    そんな悲しい努力をせずとも、人は人として尊厳を持ったままで、苦しみなく世を去る権利だってあるはずです。

     

    それが生命の大綱を逸脱すると言うのなら、弱肉強食という自然の仕組みに従わない私たち人間の有り様そのものを、一体どう捉えろと言うのでしょう。

     

    私たちには、死について考え、死についての意見を持つ自由があります。

     

    またそれは何も、良く生き満足して自分の存在を完成するという、人間の普遍的な幸福と相反するものではないとも思うのです。

     

     

     

     

     

    ブログランキングに参加しています。

    クリックで応援をお願いいたします。

     

    JUGEMテーマ:死生学

     

     

    2018.12.21 Friday

    死の家?

    0

       

      死の家。

       

      シノイエ、です。

       

      いずれ作ろうというその施設の名前。

       

      ”死”だなんて、普通は店舗や施設の名称には使わないですよね。

       

      もちろん、わかっていてこの言葉を使っています。

       

      わかっていて敢えてこの言葉を使うのは、私はこの社会に対する一種のショック療法として、この施設を作り上げるからです。そこにはなにか、人が抑圧し続けている根源的な感情を暴露し、強烈に惹き付け、掻き立てていく要素が必要だと思うのです。

       

      加えて、この施設の意義、意図する方向性というのは、次のようなものでもあります。

       

      それはつまり、「私たち人間の意識的な文化の力によって、”死”という未踏の混沌、荒れ狂う自然のダイナミズムを、受け止め、整列させ、芸術的なわざの中に飼い慣らしていくこと」です。

       

      もっとわかりやすく言うと・・・

       

      「”死”を禁忌(タブー)でなくすること」

       

      そのために、この施設そのものが”死”という言葉によって明朗に飾られているということは、いかにも良いことであると思うのです。

       

       

       

      ブログランキングに参加しています。

      クリックで応援をお願いいたします。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

       

       

      JUGEMテーマ:死生学

       

       

      2018.12.20 Thursday

      Imagine

      0

         

        長期の目標として、死の美術館のようなものを作りたいと思っています。

         

        今すぐにどうこうと言うわけではなく、一種のライフワーク、生涯の仕事としてですね。

         

        ”死の家”と名付けたこの施設が日の目を見るのは実際にはいつの日やら、とは言え資金調達等のことを念頭にも置きつつ、ビジュアル的にもコンセプトを少しずつまとめて行こうと思っています。

         

        美術館と言ったけれど、もう少し細かく説明すると人文学を基調とした大型のカフェ、のような施設。

         

        老若男女を問わず、レリジョン・フリー(宗派無制限)に”生と死”について考えていける場所をイメージしています。

         

        構想段階のビジュアルは以下のような様子。シンボルツリーを中心とした時計型の建物で、”有限の時間の中に生と死が混沌として充満する”イメージ。画像作りの粗雑さはご愛嬌。

         

         

         

        下の画像は見取り図。

         

         

         

        上記のイメージは新たに建築することを想定したものだけれど、施設の規模や配置や機能は、土地や物件など諸々のご縁に応じてまたゼロから計画していくことになるでしょう。

         

        突然こういうものを作り始めたのは、近々新規出店されるというある経営者の方が、構想段階からアートワークにすごく力を注がれていて、影響を受けたから。新奇性のある事業では、訴求力は伸るか反るか。イメージがあると伝わる可能性はぐっと上がる。こうして人から学ばせていただけるというのは、有り難いことですね。

         

        ”死の家”については、今後も当ブログで少しずつ説明なり、進捗なりを書き記していけたらと思っています。いずれ皆様の目の前にこれをお披露目できる日が、来るやら来ないやら、どうぞ楽しみにお待ちください。

         

         

         

        ブログランキングに参加しています。

        クリックで応援をお願いいたします。

        ブログランキング・にほんブログ村へ

         

         

        JUGEMテーマ:死生学

         

         

        Calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << March 2019 >>
        【 ランキング参加中 】


        Webサイト
        夜ルコト 心理ワークス https://yorukoto.net
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Mobile
        qrcode