<< 天地を紡ぐ | main | Words are flowing >>
2018.11.05 Monday

納棺と着るもの

0

     

    ちょうど季節でもあり、衣替え。整理して不要と思われる洋服を、今朝ゴミに出した。ゴミの出し方の説明書きを見るに、この洋服はどうやら集積されてリサイクル品としてどこぞへ持って行かれるようだ。

     

    使わない服。もう誰も着ない服。残される服。久々に、納棺のこと。

     

    ご家族から、故人の最後のお召し物を指定されるのは良くあることである。

     

    一般的にはスーツやお気に入りの着物など。少し変わったところでは、生前のご趣味でされていたフラメンコや日本舞踊のご衣装、祭りの法被、鉄道関係などの仕事の制服、職人の仕事着、などなど。

     

    よく悩まされるのは、宗教的な風習・慣習にまつわるご衣装で、例えば仕事を離れられたご住職が、亡くなった際にまた袈裟をお召しになる場合など、本格的なご衣装はなかなか素人には仕組みがわからず、結局ご家族などに教えていただいて着付けをすることにもなる。

     

    普通の着物くらいであれば戸惑いはしないものだが、そう言えば印象深い仕事がひとつ。

     

    お布団の上の故人、ご家族はお気持ちが深く、とても悲しまれているご様子だった。「最後にこれを」と出てきたお召し物は、振り袖・・・。

     

    一口に着物、と言えど、基本的に、振り袖は若い方のお召し物である。若い方が亡くなることは当然まれであり、そうすると納棺師が振り袖というものを扱う機会も少なくなる。だから、同じ着物のくくりではあっても、こういうものは少し緊張する。

     

    晴れ着の振り袖はただ単に袖丈が違うとかいうことだけではなく、寸法も小さめだし、帯も豪華なものが多い。単純に、同じやり方で着付けるわけにも行かないのが辛いところだ。

     

    苦心しつつ、色々手を尽くして、何とか見栄え良くその振り袖をお着せした。ご家族に面会していただくと、故人のお母様はしんみりとそれを喜ばれた。

     

    聞けば、記念の日に一度着たきりのお召し物であったという。故人のその装いを通して、ご家族が過ぎ去った日の出来事の光景を、ありありと思い出されているのが傍目にも感じられた。

     

    たかが、服。されど服なのだ。それらは私たちの人生を一時彩って、そしていずれはどこかに消え去らねばならない。消え去らねばならないとしたら、どんな風に・・・。

     

    ――ああ、思えばあの振り袖は、良い消え方をしたのだな。

     

    衣替え、服を捨てる、ゴミ捨て場と、リサイクルと。燃やされたら、もったいないか。死んでしまったら、何もかも無意味だったろうか。

     

    様々な思いが一瞬頭をよぎって、その思いの行き場でも求めるように、『ありがとう』と胸の中で一言、古布の入った袋ひとつをゴミ捨て場に、ポン、と置いてきたのだった。

     

     

     

    ブログランキングに参加しています。

    クリックで応援をお願いいたします。

    ブログランキング・にほんブログ村へ

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    【 ランキング参加中 】


    Webサイト
    夜ルコト 心理ワークス https://yorukoto.net
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Mobile
    qrcode