<< 神とは何か | main | ラポールとブーメラン効果 >>
2018.11.09 Friday

二元性について

0

     

    学んだこと。

     

     

    『二元性について』

     

    人間の精神は、生まれたはじめの頃はひとつの大きな絵画のようなもの。

     

    そこにはまだ、自分とか他人というものはない。暖かさ冷たさ、そういうものはみな誰彼に属するものでもなく、ただそこに配置されているだけ。この段階では、精神は言わばひとつの大きなドラマの、視聴者に過ぎない。

     

    やがて言葉が発達し、物事をあれとかそれとかに切り分けるようになると、世界の分離が始まる。”私”と“私以外”という物の見方が生じ、あれはこれではない、これはあれではない、という観点が極限まで強化されていくと、二元論的世界観が生じる。

     

    二元論は、あらゆる分離を明確化する。右と左、男性と女性、善と悪、光と闇、などなど。二元論的世界観の中では、人間はやることが多い。良いものを求め悪いものを削り落とすために多忙になり、ストレスや苦しみも多い。

     

    その多忙さの中で経験が蓄積されていくと、いずれはこの二元性は終わりを迎える。すべきこと、できること、本当の正義と心の底からの願望。こうしたものを追い求め、課題と障害に直面していく中で必然、その対立構造が幻想であったことに気付く。

     

    敵意は慈悲心に変わり、邪推は共感的な親密さに変わっていく。この段階では善も悪も存在しない。すべてがただあるがまま、そうある、ということを受け入れるようになれば、苦しみの性質もずっと穏やかになる。

     

    このように、二元論は最終的に一元論的な性質のものに変わっていく。人格や意志もまた、それに伴って一元性のものに変じていくだろう。

     

     

    ブログランキングに参加しています。

    クリックで応援をお願いいたします。

    ブログランキング・にほんブログ村へ

     

     

    JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    【 ランキング参加中 】

    にほんブログ村
    Webサイト
    夜ルコト 心理ワークス https://yorukoto.net
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM