<< グリーフ・エンカウンターとは何か | main | “What is your name?” Jesus asked. >>
2018.12.02 Sunday

『和顔愛語』

0

     

    私ももう、年齢32を数えるいっぱしの人間である。

     

    熱意はあれど、現実できることできないこと、また人の営みの歪みや理不尽のようなものも、この身に染み込んで重たい感じがする。

     

    本当に、できることはなんだろうかと考え巡らして、和顔愛語、せめてこれくらいはと思うが。

     

    誰に向けても分け隔てなく、親しい笑みと、柔らかい言葉。

     

    どうせ何にもできないのだ、せめてこれくらいは、したいなぁ。

     

    だけど、せめてこれくらい、ができないのだから、またそれも物悲しい、ような話ではある。

     

     

     

    ブログランキングに参加しています。

    クリックで応援をお願いいたします。

    ブログランキング・にほんブログ村へ

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    【 ランキング参加中 】


    Webサイト
    夜ルコト 心理ワークス https://yorukoto.net
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Mobile
    qrcode