<< 『和而不同』 | main | 納棺と獣 >>
2018.12.05 Wednesday

『問う故に迷う』

0

     

    『問う故に迷う(とうゆえにまよう)』

     

    ”何のために生まれて、何をして生きるのか、答えられないなんて、そんなのはいやだ”

     

    聞きなれたこの歌詞、言わずと知れたやなせたかしさん作詞「アンパンマンのマーチ」の一節です。

     

    皆様はどうでしょうか。何のために生まれて、何をして生きるのか。そう問われたらどうお答えになるでしょうか?

     

    はっきりとお答えになる方もいるでしょう、また、うーんとうなって、考えこんでしまう方もいるでしょう。

     

    さあ、あなたはどうですか。

     

    答えられますか、答えられないのですか。

     

    ・・・いいえ、良いのです。答えられなくとも。答えられずとも、私たちは生きている。時間は巡る、身体は確かに落ち着いてここにある。日は昇り、夜は来る。時代は経巡って、山中に水滴は垂れ、その水滴に種は芽吹き、獣と共に育って、いずれ大樹ともなる。

     

    地球は起こり、命は駆け巡り、例え太陽系の全てが塵と消える日が来ようとも、銀河はなお生成消滅を繰り返し、そこに星があり、或いはまた生命や文化もでき、時間は経巡り、宇宙はそれ独自のリズムで動き続ける。

     

    問う故に迷う。禅語のことです。別の似た言い方をすれば、『謎のまま謎を行ずる』。

     

    ”答えられないなんて、そんなのはいやだ”

     

    実はこの歌詞、少し西洋的な思考回路の所産なのですね。そしてしばしば、そういう思考というのは問題を自分から大きくするばっかりで、確かなことは何も教えてはくれない、ということがあるものです。

     

    わからないで良い。わからなくとも、こんなにしっかりと生きているのだ。言葉でわからないからといって、それがどこかへ消えて行ってくれようか。そうではない。重く苦しい現実だって、目を閉じたら勝手にどこかへ行ってくれる、などということはないのだ。それはある。確かにある。

     

    謎のまま謎を行ずる。私たちの生き方生活の、そのなんと疑いようなく真っ直ぐなことであろうか。

     

    問う故に迷う。そうだ、問うてから迷い始めたのだ。最初から、答えはいつもわかりきっていたというのに。

     

     

     

    ブログランキングに参加しています。

    クリックで応援をお願いいたします。

    ブログランキング・にほんブログ村へ

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    【 ランキング参加中 】

    にほんブログ村
    Webサイト
    夜ルコト 心理ワークス https://yorukoto.net
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Mobile
    qrcode