<< 拝み回りと本頼み | main | いしのなかにいる >>
2018.12.28 Friday

納棺とあちら、こちら

0

     

    納棺という仕事をしていて、一番良い時間というのはどこか。

     

    前にも書いたけれど、ご遺族から故人の生前の話を聞いている時間は、私にとっては、何か救いを見出す時間だ。

     

    それと並んで良い時があるとしたら、化粧のお加減などを見に行く時だろうか。

     

    下請け業者としてではなく、葬儀社の自社納棺の納棺師としての私のキャリアはかなり短いのだけれど、それでも何件かのご遺体のお世話をさせていただき、自社納棺という手厚い形態の良い部分を経験することができた。

     

    朝、出社して最初にすることは、ご遺体のご状況を確認しにいくことである。

     

    着替え、死化粧、ご納棺はすでに終わっている。処置や化粧の方針が正確であれば、表情やお顔色の一切変わらぬ故人が、まだ木の匂いのする棺の中に横たわっておられる。

     

    部屋は大抵寒く、薄暗い。故人の死に顔はいかにも安らかで、静かな不動の時間がその上に覆い被さり、その光景はより一層、人間の魂の永続性を象徴するかのようである。

     

    お身体に異常が無ければ、当日のスケジュールに合わせて、ご遺族の雰囲気なども考慮しつつ、消臭の処置やお顔色の調節など細々と行う。

     

    静かな空間で粛々とそれを行う時、ふと私は、自分がまるで”死”そのものになったようにも感じた。

     

    それは人を苦しめ、奪い、破壊する一方で、人に奉仕し、労り、苦痛を取り除いて、生き生きとした有限の中の華やかさを、死せる永遠の静かな輝きに変えてしまう。

     

    蝋燭を取り替え、お棺周りを整えてその暗い部屋の中から抜け出すと、あたりはまた雑然とした日常の、日の光の中に生き返っていく。

     

    ちょうど映画館から出てきた後のような。ついさっきまで、深い瞑想の中で何もかも忘れてしまっていた、不意にそれを頭の中に取り戻した時のような。

     

    そういう静かな、この世の外、の仕事である。

     

     

     

    ブログランキングに参加しています。

    クリックで応援をお願いいたします。

    ブログランキング・にほんブログ村へ

     

     

    JUGEMテーマ:葬儀

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    【 ランキング参加中 】


    Webサイト
    夜ルコト 心理ワークス https://yorukoto.net
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Mobile
    qrcode