<< 今日も死ぬのにもってこいの日だ | main | 清き良き心のスプリット・コンプリメント >>
2019.01.28 Monday

変容のヘラルド

0

     

    ロゴセラピーというのは鷹揚な心理療法だと思います。

     

    それは具体的、直接的なものではなくて、ただ単に人の”価値観”を変えるのです。

     

    価値観が変われば選択が変わり、選択が変われば行動が、行動が変われば結果が変わるので、結局最後には具体化された変容をもたらしはするのですが。

     

    純粋なロゴセラピーでは、ゴミ捨てだとかコミュニケーションだとか、そういう日常の生活能力などについて何かしらの指摘をしたりすることは基本的にありません。

     

    変わりにこんな話をするのです。ちょっと例題を挙げてみましょう。

     

     

     

    さて、私たち人類という種族は、一体どうしてこの地球に存在しなければならないのでしょうか。あなたはそれを考えたことはありますか?

     

    人類が存在しなければいけない必然性、理由。そういうものがあるのでしょうか。

     

    地球は人類が生まれる何十億年も前から存在しています。宇宙は地球が生まれる100億年も前から存在しているのです。

     

    こういうことを考えたとき、実際のところ、私たち人類が「存在しなければならない」合理的な理由というものを、私たちは本当に見出せるのでしょうか。

     

    多分、そうではないと思います。この世界に人類が居ても構わないのですが、居なくても、それはそれで別に構わないのです。

     

    私たちはまるで、来年も再来年も人類が存続し続け、その文明が発展し続けることがさも当然であるかのように考えています。しかし実際はそれはただの思い上がりであって、明日地球が砕け散って死の星へ変わったところで、論理的には何の問題も起きていないのです。

     

    人類は存在しなくても、別に死滅しても構いません。そして同じように、私たち一人ひとりも、論理的には、居ても構わないし、居なくても構わないのです。

     

    さて今、”論理的に”という言葉を二度ほど使用しました。この部分にはちょっとしたトリックがあります。

     

    論理的には問題がない。だからと言って、では、感情的には問題があるのかないのか、という話になるとどうでしょうか。

     

    人類が死滅しても、明日私たちの命が終わっても問題ない、というのは、感情的な面から見れば、大いに問題があると言えるでしょう。

     

    死にたくないものは死にたくないし、生きたいものは生きたいし、食べたいものは食べたい。そんなのは言うまでもなく当然のことです。

     

    人類は論理的には生存し続ける必要は無いのですが、感情的には、絶対に、生き続け、始祖から受け継いだこの魂を次の時代に繋いでいかなければなりません。

     

    こういう迂遠な話を通して何が言いたかったのか、と言うと。

     

    〜せねばならない、などと人が発言するとき。〜するのが当たり前だ、と人が発言するとき。

     

    そういうものは実は全て感情的なものを下敷きとしているのであって、そこにどれだけ論理を肉付けしてみたとしても、所詮その背骨は感情論でしかないのだ、ということです。

     

    人類が生存しなければいけない合理的な理由などありません。あなたや私が生きなければならない合理的な理由もありません。

     

    ですが、だからと言って、それが何なのでしょう?

     

    私は、生きたいのです。あなたは幸せになりたいのです。それは根本的にただ単なる欲望に過ぎません。そこに合理性などが存在する必要もありません。

     

    人類は、生きたいから生きています。合理性などなくても生きているのです。正しいことをしなくても良いのです。世の中における正しさや人としての倫理など、そんな下らない冷え切った枝葉の問題よりもむしろ、私たちはどうありたいか、この世界に何を望み生きるのかということの方が、ずっと本質的で重要なことなのです・・・・・・

     

     

     

    ロゴセラピーの文脈と格調というのは、大体こうした遠回りで抽象的な語り口によって特徴付けられます。

     

    一見するとそれは心の健康とは無関係な哲学や文学の類いにも感じられるでしょう。

     

    がしかし、それは紛れもなく、人の行動を根本的に変容させる可能性を持った「意味の変革」のための”心理療法”なのです。

     

     

     

     

    ブログランキングに参加しています。

    クリックで応援をお願いいたします。

    ブログランキング・にほんブログ村へ

     

    JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    Webサイト
    夜沌舎 https://yoton.org
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Mobile
    qrcode