<< むじょうじんじんみみょうのほうは | main | 出版のご案内 『和法』 >>
2019.02.03 Sunday

because I am involved in mankind

0

     

    私は性質上、人権や生命保護などの倫理的な問題を扱うことが多いのですが。

     

    現代において倫理というものを述べ始めると、あるタイプの経済観念を持つ人々からは否定的にとらわれるような気がします。

     

    それは恐らく、イギリス流の経済学を学んだ人々、ということになるのではないかと思います。

     

    消費と生産を拡大せよとか、何となれば特に意味のない公共事業を推進して雇用を創出しろとか、そういう公式上のことをテーマとされている方々です。

     

    経済学というのは、確かに数学的なものであって、データと根拠、数式と分析が本日の戦略を作り上げていく類いの学問でしょう。

     

    その公式やら定説やら(例えば人間は自らの資産を最大化するために活動するもので、自分の困窮を差し置いて他人を助けるようなことはしないものだ、という前提など)を歪めようとするような”倫理的な”意見は、まるで厄介なエラー、不穏分子のように思えるということは、想像に難くないことではあります。

     

    しかし、言わせていただくならば、私はそうした公式上の経済学に拠って立つ人々よりも、倫理的でありながらもより経済的な存在である、という自負を持っているのです。

     

    私が今日の日本経済の主要問題として認識するのは、人間の消費生産能力における低下と均一化という問題。そして労働単位としての人間一人ひとりの、硬性の欠如です。

     

    人間一人ひとりが主体的な自己主張をしなくなった世界では、価値観が統一され、消費性向は均一になり、資産構築のセオリーも単一化されて、経済世界はまるで機械がネジを箱から箱へ移すような単調なリズムに変わってしまう。市場のダイナミズムは喪失し、単位としての人間も没個性化したコピー規範へと集約される流れが働いて、主張せず、型に押し込められ、はみ出た部分を逐次切り落とされるために生命力を失っていく。

     

    消費生産単位としての人間個々人の活動と能力が阻害され、脆弱になっていくことを通して、徐々にシステム全体が、活動能力の低下した淀んだ池へと変貌する。その滞留した池は、外部からの干渉に対する抵抗力を極度に低下させていき、いずれは何らかのきっかけによって一気に全体を崩壊させる事態に至る。

     

    それはちょうど、生態系のカオスが存在する池がある程度の浄化作用を持って外部世界からの影響に抵抗するのに対して、それを持たない無生物の水槽の水は、容易に全体を汚染されてしまうのと同様の理屈です。

     

    要するに、一言で言えば倫理観を持たない人間は、経済システムに対して消費生産単位としての十分な貢献をすることができないのです。

     

    そのことに対して最も危機感を持っているのは、誰あろう”種”としての経済システムそのものではないかと私は感じます。経済システムは人間世界と同化し、それを自らの実体として生命を維持しているのだから、人間達が脆弱になり、役立たずになっていく現状を改善することは、死活の問題だと言えるでしょう。

     

    だからこそ彼らは、人間という種の能力を回復し改善するために、私のような倫理的人間をあえて生み出しているのです。

     

    経済効率の誘惑に掌握されない、カオスとしての人間種族を回復すること。主体性を持ち、労働や生活における硬性(自己主張)を備えた”強い人間たち”を経済世界に復帰させるということが、私たちには是非とも必要な仕事だからです。

     

    このように、根本倫理の再発掘というのは当世にあってまさに経済的な問題だと私は認識していますし、それこそが、経済回復の道筋における、要のマイルストーンだと考えてもいるのです。

     

     

     

    タイトルはジョン・ダンの有名な散文から。『誰が為に鐘は鳴る』

     

     

     

    ブログランキングに参加しています。

    クリックで応援をお願いいたします。

    ブログランキング・にほんブログ村へ

     

    JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>
    【 ランキング参加中 】


    Webサイト
    夜ルコト 心理ワークス https://yorukoto.net
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Mobile
    qrcode