<< go for broke | main | Black as White >>
2019.02.12 Tuesday

女に生まれたせいで

0

     

    宗教の世界では、長らく、女性というものは一段下の存在として考えられてきました。

     

    それはもはや古い考えになってきているとは思いますが、それでも『女性は悟らない』というのは未だ根強い誤解です。

     

    悟りの定義を何とするかという問題にはなりますが、それをもし”無分別智”という所に持ってくるとしたら、確かに女性というのは奇妙なもので、生まれつき悟った状態にあるために、永遠に悟り得ないという宿命を持っています。

     

    しかし私が思うに、女性と男性の精神進化の課題は別々にあるのです。

     

    仮にですが、悟りというものの要諦を”不動心”という所に持ってくるとしたらどうなるでしょうか。それでいくらか別のものが見えてくるような気がします。

     

    悟りというのは何か圧倒的に頑迷で、動かしようがなく、それ故に明るく透明で、説明不要である理知を得た状態です。

     

    一つには無分別智というものが、そのような知性の当直性を確かに我々に与えてくれると思います。(「おい」と言われれば「はい」と応える。それで大笑いして終わり。野原に花が咲く。それで何かを問う隙間もない。真の知性とはこのようなもの)

     

    そしてもう一つ、こういう透明さを可能にする別のものがあると思います。こういう透明さのために、必要不可欠なもの、と言っても良いかもしれません。

     

    それは無邪気さというものです。

     

    無邪気さは自分を許すところから生まれます。男性の場合、彼らは大抵自分を客観視して外から眺めているので、そもそも自分を嫌悪するということが割合少ないのです。自己嫌悪は自己変容の意志、野心や権力欲になって外へと拡散していきます。

     

    だから生まれつき女性が無分別であるのと同じように、生まれつき男性は、自己嫌悪というものにかなり無縁です。無力感を持ちはしても、自分を憎む割合は少ないのです。

     

    女性はというと、この嫌悪感をかなりの割合で腕に抱えたまま生きています。目の前に山と積まれた憎しみや憎悪が横たわっているためにそれが色眼鏡になって、自分を憎んだり他人を憎んだり、そういうことで忙しいのです。

     

    それで、この自己嫌悪の憎しみを克服するということが女性にとっては重要だと思います。

     

    無分別智ということがあって、自己嫌悪ということがほどけて、それでようやく男女とも精神の完成に至る。異論は諸々あるでしょうが、少なくとも私はそう考えます。

     

    では女性はどうしたら自分の自己嫌悪をほどけるか。これはまた深刻で長いテーマになりますので、ここで全部を言うのは控えておきますが、ありがたいことに”無邪気さ”とは何であるかについて先人が良い例を残してくれているので、取りあげておきましょう。

     

    それは有名な金子みすゞさんの詩の一節です。

     

     

    『 草の名 』 金子みすゞ

     

    人の知ってる草の名は、

    わたしはちっとも知らないの。

     

    人の知らない草の名を、

    わたしはいくつも知ってるの。

     

    それはわたしがつけたのよ、

    すきな草にはすきな名を。

     

    人の知ってる草の名も、

    どうせだれかがつけたのよ。

     

    <以下略>

     

     

    完全に純化された知性や生命は、結局は戯れという所に行き着きます。それは逃避的な戯れではなく、没頭的な戯れ、不快な現実から逃れ去ろうというものではなくむしろもっともっと深く純粋にこの世の中に沈み込んでいこう、というような方向性の戯れです。

     

    ヨーガの文脈では、そういう『神の視点の戯れ』を”リーラ”と呼んだりします。より厳めしく、”義務”と言っても良いかもしれません。結果を想う心にとらわれず、ただ与えられたところで十全に自分の魂を表現せよということです。

     

    そういう次元で自分の愚かさや不完全さというものに完全に身を委ねきったときに、私たちは心底から自分自身を許し、馬鹿みたいに無邪気になって、それでもはや自分や世界を憎むことなどやめてしまうのだと思います。

     

     

     

    ブログランキングに参加しています。

    クリックで応援をお願いいたします。

     

    JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    【 ランキング参加中 】


    Webサイト
    夜ルコト 心理ワークス https://yorukoto.net
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Mobile
    qrcode