<< 納棺師の日誌 | main | 価格改定のお知らせ >>
2019.02.19 Tuesday

終末がやってくる

0

     

    麻原 彰晃。きっと誰でも知っている有名人のこと。

     

    (心理というものをテーマに学ぶ一人の個人として、私は人間である一人ひとりの犯罪者を、単純に『頭がおかしい』とか『人間失格』とかいう安易な切り捨てで蓋して良いものだとは思わない。むしろ私たちには、犯罪者が犯罪に至る心理的過程を詳細に理解分析し、その同じ状況が社会に再現されないよう予防を行う義務があるのだと思う。だから私は、タブーとされるものを敢えて取りあげて暴き立てはするが、それによって反社会的な思想を先導するつもりはないし、誤った危険な考えを社会に解き放とうとするのでもない。)

     

    平成の始まりから終わりにかけて、振り返ればちょうどこの一時代を象徴するが如く、オウム真理教は社会の人々のアンビバレントな関心を一点に集めてきた。

     

    それは生きる意味、神秘主義、閉鎖的コミュニティ、信仰、洗脳などなどの観念が混ざり合い柔らかく引きつった、集団全体の怖い物みたさのようなものであったと思う。

     

    宗教というものの本質をいくらかは理解する者として、私は信仰や神秘主義を『そんなのを信じるのは馬鹿なヤツだけ』という風に簡単には考えていない。

     

    原始的な神的感覚、ヌミノースは人の人生の特徴的な出来事の折々に触れて喚起され、社会への不満や集団からの冷遇という補助剤を得て人間の感性を急激に変化させもする。

     

    一方で私たちが信奉する自然科学は、検証を基礎とするが故に再現性のない出来事を扱えないという致命的な欠点を抱えており、複雑な現代社会に生きる私たちの”個人の、この人生”という一回性のものへの明確な答えを提示してはくれない。(良い宇宙と悪い宇宙の違いは、宇宙発生から何億年後にはっきりと区別できるのだろうか?)

     

    そしてその科学の盲目且つ暴力的なまでの有効性の故に、バウンダリーにおける一回性の現実感覚を抑圧された現代人類の心は、実存的な脆弱性を痛いほど確かに抱えている。感性を揺すればすぐにでも転げてしまう人々の、世に何と多いことだろう。

     

    だから私は、確か宗教研究者の島田裕巳さんがそう記録していたように、オウム真理教教祖としての麻原彰晃の才能が確かなものであったと告げられても疑いを抱かないし、むしろかなり納得もする。

     

    実際、麻原彰晃は優れたヨガ行者だったかもしれなかった。だが多分、ニッチな分野で競争もせず急成長できてしまった、過大評価された人物であったとも思う。(言わずもがなのこととして、彼の周りで起きたことの結末それ自体が、彼が完成されたグルではなかったことを如実に示している。)

     

    なぜ麻原彰晃は、あれだけの組織をまとめ上げ、あれだけ多くの支持者の崇敬を一身に受けながらも、それでもグルとして良い場所に立つことができなかったのか。

     

    そのことを私なりに考える時に、二人の人物が連想される。一人は、マーシャル・アップルホワイト。もう一人は、チャールズ・マンソン。いずれもカルト教団の指導者だ。

     

    これらの人物が起こしたいずれも大きすぎる事件の詳述は避けるとしても、集団組織における極限的な自傷他傷行為を誘発したという点では彼ら三人には共通点があり、短い紙幅のために結論を急ぐが、その根本的な歪みは彼ら自身のエゴイズムにあると分析する。

     

    神秘主義や、信仰におけるエゴイズム。それは、”この自分の目で”真理の実現を見ようと望むことである。

     

    逆の良い例として、ウマル・ハイヤームは知的な人の親愛を集める古典の四行詩集の中で、人の身は土塊のようなものに過ぎず、ディオニュソス的な奔放な陶酔の中で暮らすこと以上に、できることなどないという洗練された受容の態度を披露している。

     

    前述した三人の思想はこれとは真逆である。彼らは自分の前に世界の究極の状態が実現することを望み、何となれば自分自身の手を動かして(それ故に真理ならざる何かの)望むままの理想を起こそうと焦り、結果として死と破滅をもたらすアルコンを作り上げてしまった。

     

    真理は、人の手には余るものだし、そもそもがそれは私たちを常に取り巻き、内包し完全に共にある性質のものなのであって、人がそれを敢えて自らの周りに歪めて実現しようと画策すべきものでもない(ただ宗教家の振りをした生粋の道化職人だけが、この仕事を自らの下らない遊戯として如実にこなし得るだろう)。

     

    優れた宗教者は、真理を実現しようとはしない。そう思う前に、そこに潜む自らのエゴイズムに気付くはずだからだ。

     

    彼ら三人がそうならなかったのは、そうできなかったのは、純粋に文化の時代的な背景もあるところではあろう。だが少なくとも、宗教指導者が教義の中にエゴイズムを持ち込むと何が起こるかということを、前時代からの痛ましい教訓として私たちは理解し受け入れていかなければならない。

     

     

     

     

     

     

    ブログランキングに参加しています。

    クリックで応援をお願いいたします。

     

    JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    【 ランキング参加中 】


    Webサイト
    夜ルコト 心理ワークス https://yorukoto.net
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Mobile
    qrcode