<< 種の折衝 | main | メンタルケア実践 例えば、どのようにして、心を回復するか >>
2019.02.27 Wednesday

イレギュラリティ

0

     

    最近は、このブログでも宗教や実存に関する記事を書くことが増えてきました。

     

    かなりセンシティブな話なので、個人的には結構気を使う部分でもあるのですが。

     

    現状では、私がさせていただいているサービスというのも、終活なども含めてほとんどがそういった分野のお仕事です。

     

    そもそもこちらのサービスはカウンセリングと言っても保険が効かないし、臨床心理という面ではもっとちゃんとしたところがいくらでもあって、皆様そちらを選ばれるのが当然の流れでしょう。

     

    けれどもオウム真理教以来、すっかり宗教アレルギーのこの日本。実存的感性の欠如が私たちの人生を無茶苦茶で無意味なものに変えてしまい、他人や自分自身に向けられるはずの優しささえ失わせている・・・

     

    そういう現状があるのもまあ確かなことですし、夜ルコトはひとつこのまま方向転換というのも趣きがあって良いかな、などと考えているところです。

     

    (なんて言いながら、オカルト好きな子供の頃からそういう分野への興味が相変わらず抜け切らない、まだ多少子供っぽいところがあるのだな、などと自覚しつつ・・・)

     

     

     

    "時には道を踏み外す選択も必要だ"

     

     

     

    ブログランキングに参加しています。

    クリックで応援をお願いいたします。

     

    JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>
    Webサイト
    夜沌舎 https://yoton.org
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Mobile
    qrcode