<< メンタルケア実践 例えば、どのようにして、心を回復するか | main | ノーリフト介護とノーベンド農業 >>
2019.03.01 Friday

一寸五分

0

     

    もしも生まれ変わるとしたら、何になりたいですか?

     

    そう聞かれると、私たちは人間ですから、やっぱり『次も人間が良い』という風に思いますよね。

     

    動物とか・・・あとは虫なんかに生まれ変わってしまったら、いつも飢えたり寒かったり、病気になっても医者すらいないし、挙げ句の果てに他の生き物にパクリと丸呑みにされて、もがき苦しんでおしまい・・・なんてとんでもない不便がありそうではないですか。

     

    しかし、です。

     

    超実存とかバウンダリーという観点から見ると、またちょっと別の見方もできるかもしれません。

     

    私たちの精神世界が、それぞれひとつずつ新しい個別の宇宙なのであれば、その宇宙の大きさは、私たちの神経の発火の頻度や規模によるのではないでしょうか。

     

    つまり、肉体と神経系が複雑な生き物ほど、より大きな宇宙に住んでいる、という風に見たらどうでしょう?

     

    人間の肉体から生まれる意識世界の宇宙は、巨大で重苦しいものです。

     

    これが動物なら、もっと小さくてシンプルな宇宙に住んでいる。

     

    昆虫ならなおさら、静かで牧歌的、軽やかでふわふわとした意識の宇宙を作り上げているのかもしれない。

     

    そんなことを考えると、個人的には、虫や細菌も良いな、と思うのです。

     

    人間は、疲れる。そりゃ楽しいけども。

     

    一時期東京の、根津のあたりに住んでいたことがありまして。上野駅まで歩いて行けたし、昼夜問わず何でもあって、便利で楽しくはありましたけれどね。

     

    だんだんコンクリートの箱の中に閉じ込められたような気持ちになって、終いには都会に住むのが嫌になってしまった。

     

    そんな経験のある私ですから、まあまあ、人間やってるよりも、いっそ虫にでもなった方が、性分にあっているかもしれませんねぇ・・・。

     

     

     

     

    蛇とマングース。自然界で生きるのも、それなりに大変だ。

     

     

     

    ブログランキングに参加しています。

    クリックで応援をお願いいたします。

     

    JUGEMテーマ:死生学

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    【 ランキング参加中 】


    Webサイト
    夜ルコト 心理ワークス https://yorukoto.net
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Mobile
    qrcode