<< たった一つの正しいやり方 | main | 種の折衝、種の共生 >>
2019.03.08 Friday

方便苦労

0

     

    「方便」というのは、思われているより難しいものだと思います。

     

    深いところを知っている人間が、浅いところを語る。そのこと自体は、そう難しくありません。すでに通った道を案内するようなもので。

     

    難しいのは、その浅いところに留まる、ということなのです。

     

    どうしても人は、あることの矛盾を尋ねられればその問題のより深遠微妙なところを説明してやりたくなるもの。

     

    しかし準備の出来ていない人に深いところの話をすれば、それは惑わせる、混乱させる、せっかく築き上げてきた理解をうやむやにしてしまう。

     

    だから方便の巧みな人というのは、ある一定の知識範囲や理解レベルの中に留まり、終始一貫した破綻のない話をして、良い所まで人を導くのです。

     

    これは中々、上手でなければ出来ることではない。

     

    仏教なんか特に、修養の段階は序列的に深まっていく性格があって、上に行った人は下の方の教義を馬鹿にする傾向があると思います。

     

    そういう場合、上の方のことと言うのは、一度分かってしまえば人に教えるのも容易いのだけれど、下の方のこととなると、一度上の方を見た人にとっては、案外他者には伝えづらくていたずらに惑わせてしまうということが起こる。

     

    その中に留まれないのです。浅いところに、我慢強く。

     

    知っている真実を隠して方便のみを語るというのは、立派なことだと私は思います。

     

     

     

    ブログランキングに参加しています。

    クリックで応援をお願いいたします。

     

    JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    【 ランキング参加中 】


    Webサイト
    夜ルコト 心理ワークス https://yorukoto.net
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Mobile
    qrcode