<< 異常回復 | main | 結局、成功とは何だ >>
2019.03.12 Tuesday

要件貧苦

0

     

    業種を問わず、資格関係の本を良く読みます。

     

    でも、資格を取るつもりはありません。ただ『もっと知識があれば』と思って読むのです。

     

    もちろん知識を身に付けて、資格でそれを保証してもらえれば一番良いでしょうけれど、教育機関での学習要件や、実務要件などが足かせです。学生ならまだしも、社会人なら2年も3年もかけるほどのことは無いだろう、と個人的には思います。

     

    (シンプルに言ってしまえば、知識があっても、養成学校での履修記録等が無ければ試験を受けられない、というのはどういうものだろうか。それは悪く取れば学校側の悪しき利権なのでは。受験資格など問わず、試験そのもので受験者を振るいにかけさえすれば良いものを。)

     

    決して、資格制度それ自体を悪いものだとは思いません。資格のある人にのみ業務を任せるということがあってはじめて、現場の、会社の、ひいては業界全体の品質向上ということが達成できるのですから。

     

    がしかし、適材適所ということが場所以外にも時節にもあって、この人口減少の折、そういう品質維持的な考え方は自ら業界の首を絞めることに直結する危険があると思います。

     

    雇用における資格要件、資格取得における学習要件、そういう”閉ざす門”の連鎖が、人材不足を深刻化させる側面を持つことは無視できない現実ではないでしょうか。

     

    終身雇用制度の無くなったこの社会では、私たちは一生の内に複数の職業経験を持つことが当たり前です。4年制大学を出て資格を取得し、実務を経てまた別の業種へキャリアを移すとき、その業界で働くのに必要な資格を取得するためにまた2年とか養成機関に通うというのでは、スピード感がとても話にならないように感じます。

     

    仕事の方は私たちを今か今かと待っていて、現場は恒常業務だけで汲々、お客さんはいらいら、会社は会社で人手不足倒産にびくびくしているのですから。

     

    (資格の再取得に時間がかかるなら同じ職種を選べば、と思うかも知れないが、例えば納棺師の現場での寿命は35歳位だと言われる。今はもっと年齢が上がっているが、何にせよ時期を見て管理職になるか、その道がなければ別の職業への転向を考えねばならない。このように年齢によって選択業種は否応なく変わっていく。)

     

    そういうわけで、世相の流れを見れば、いずれこの資格要件というものは大手企業が率先して解禁していくことになるだろうと思います。(きっと中小企業はそんなリスキーな判断はしないものだろう。)

     

    すると異業種人材が人員の不足部分に流れ込んでくるので、悪い慣行の打破など良い部分もありますが、反面、教育費がかさんでOJTの重要度が増してくる。

     

    OJTの重要度が増すというのは、既存社員に教育者としての業務と責任とストレスがのしかかってきて離職リスクが高まるということですが、これ、なんだか、地域包括ケアシステムとか共生社会とか、現在の福祉行政、セーフティネットの方向性とすごく似通っている部分がありますね。

     

    要件貧苦、逃げ場無しです。全くお国あげての貧乏というのは、嫌なものですね。

     

     

     

     

     

    節約の話などすると、また経済学の人たちに怒られてしまうかもしれない(日本の経済学者の間では、"緊縮"とか"均衡"という言葉を聞くとヒステリーを起こす病気が流行っているのだ)。でも、時々思う。経済学って複雑すぎていつまでも答えが出ない部分があって、なんか後出しジャンケンみたいになってきてないか、と。

     

     

    ブログランキングに参加しています。

    クリックで応援をお願いいたします。

     

    JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    【 ランキング参加中 】


    Webサイト
    夜ルコト 心理ワークス https://yorukoto.net
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Mobile
    qrcode