<< メンタルケア実践◆〜歃 | main | 内なる世界 >>
2019.03.19 Tuesday

Do It Yourself

0

     

    その昔、「Class」という一人で実践するタイプの精神修養の大系を公開していました。

     

    その「Class」の中に呼吸や瞑想の項目があって、それを現在は講座に転用させていただいている、と言う形になっています。

     

    少し話は変わりますが、心理療法というものを学んできて、それがあらゆる人にとって極めて有効かつ必要なものだという実感はあるのですが、何分、恐らくこの日本では特に、ということになるでしょうが、心理療法に接する機会というものがない。

     

    残念なことですよね。心理関係の技術者というのはたくさん居るはずなのですが、普通に生活しているとそういう人々に会うことは多くありません。だからそれに伴って、心理療法の技術や知識にも、触れる経験を私たちはあまりしていないはずです。

     

    (大きな会社だとたぶん”産業カウンセラー”が居たりするんだろうけど、ああいう窓口って、相談する人はけっこう居るのだろうか? 業績とか評価のことを考えると、会社関係の人に弱みは見せられないと言う気持ちが働きそうだけれど。)

     

    近年、精神疾患や神経発達の問題についての診断基準などはいよいよ洗練されてきており、例えば病院でうつ病の診断を受けることなども一般的になってきました。

     

    色々社会構造の問題などもあって、精神疾患の患者数が毎年右肩上がりに上がる中、治療面が果たして追いついているのかというのは本当にどうなのかなと思うところ。

     

    福祉行政の支援においても、精神疾患を抱える人に対して、認知療法など全般的な心理療法の場が充足しているのかどうか? かなり苦しい部分があるのではないでしょうか。

     

    そんな情勢だからこそ、思うのです。セルフスタディ。

     

    自分で勉強するタイプの、治療体系。時々スーパーヴィジョンを受けるくらいで、後はもう困っている当事者本人が、自分のペースで特訓していける、という感じの心理治療の体系です。

     

    そういうものが欲しいし、無ければ作りたい。セルフという言葉を、少し自分のテーマの中に組み込みたいなと、そんなことを思い始めている今日この頃です。

     

     

     

     

    マン・イン・ザ・ミラー。最近じゃこの歌も、ちょっと”自己責任"に聞こえ過ぎるかもしれない。

     

     

     

    ブログランキングに参加しています。

    クリックで応援をお願いいたします。

     

    JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    【 ランキング参加中 】


    Webサイト
    夜ルコト 心理ワークス https://yorukoto.net
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Mobile
    qrcode