<< Do It Yourself | main | 知性を鍛えること >>
2019.03.21 Thursday

内なる世界

0

     

    昨日は、腹式呼吸の講座。前月の瞑想の講座からリピートしていただいた方もおり、本当にありがたいことです。

     

    毎回、開講前にはテキストの内容を見直したりして知識のチェックをするのですが、その時にふと。

     

    呼吸に伴う、肺と腹腔の連動のイメージ。この動作の仕組みを頭の中で思い浮かべるのですが、映像としてかなりリアルに想像できているなということに気付きました。

     

    脂をまとった腹膜が押し出される時の、青黒い血管の歪みたわみ。30数度の温度を保つ霧に満ちた熱機関の中に、外気が流入して温まっていく様子。

     

    何でその映像をリアルにイメージできるかというと、実際に見たことがあるからです。

     

    首元から尾てい骨にかけてナタで皮膚を切り裂き、肋骨を割り外しながら、内臓を掻き出して、胴体を一枚のせんべいのように開いてしまう。その時の肉体の様子。

     

    これは実は、私が山奥で地域活性の仕事をしていたときに、地元の猟師の方の計らいで手伝わせていただいた、イノシシの屠殺解体のイメージなのでした。

     

    そのイノシシの胸腔/腹腔内部のイメージを通して、私は呼吸というものを考えている。よくよく思い返せば、納棺師をしていた頃もやっぱり、腹水の溜まり具合や、消化酵素による自家溶解を止めるためのドライアイスの置き方など、こういうものはその同じイメージを思い浮かべながら想像して対処していた。

     

    それに気付いた時、我ながら『イノシシを基準に何でも人間の身体を考えすぎだ』ということを思って可笑しかった。

     

    とは言えやっぱり、何かしらその経験が、”生物体内”というものに対する私の理解を深めてくれているのは確かなことでしょう。

     

    スティーブ・ジョブズの有名な演説が思い浮かびますが、全くキャリアというものは、どこでどう繋がり活きてくるか、わからないものですね。

     

     

     

     

     

    その有名な演説とやら。見返して気付いたけれど、この人も『死』について語っていたのだな。『今日死ぬ予定で生きる』。この現代の完成された死生観の中から、偉大なる創造性は生み出されていた。

     

     

    ブログランキングに参加しています。

    クリックで応援をお願いいたします。

     

    JUGEMテーマ:葬儀

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    【 ランキング参加中 】


    Webサイト
    夜ルコト 心理ワークス https://yorukoto.net
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Mobile
    qrcode