<< 内なる世界 | main | プロトコル42 >>
2019.03.23 Saturday

知性を鍛えること

0

     

    思考法のことなど。

     

    知性というものは、大まかに分けて二つあると思うのです。

     

    量的な知性と、質的な知性。

     

    量的な知性というのは、経験の豊かさや肉体感覚の鋭さに由来するもの。全体を俯瞰し、物事の中に関連を見出すような性質のもの。

     

    質的な知性というのは、思考する、という機能それ自体の技術的な洗練、集中、巧妙さのこと。

     

    肉体のトレーニングに例えてみると、量的知性は筋出力、質的知性は筋持久力にあたります。

     

    経験を豊かにする、という量的な問題については、多様な時と場所、そして人に出会って世界を見るということが単純な訓練になります。

     

    では質的な知性はどうか。世にあふれている様々な思考ツールを使ってみる、というのも一つの手ですが、より本質的で大事な訓練があります。

     

    それは、考え続けること。

     

    一般に私たち人間は、人生の中であまり多くの時間を『考える』ということには費やしません。それよりも素早く決断したり、行動したりすることを好むものです。

     

    例えば私たちがフルマラソンのトレーニングをしようと思ったときに、先ず真っ先に何をすべきでしょう。正しいランニング・フォームを勉強して、負担の少ない走り方を覚えることでしょうか。

     

    きっとそうではないと思います。マラソンのトレーニングをしようと思ったら、先ず何を置いても、走ってみることです。それも相当な距離を走り込んでみることではないでしょうか。

     

    思考も同じことで、いくら様々な思考法を身に付けてみたところで、『考える』というクセを持っていない人はそれを使う機会がないのだから、当然思考力が育つはずがありません。

     

    何でも良いのですが、社会の中の複雑な問題や、自分がしている仕事の本質的使命は何なのかなど、複雑な問題を考えて、考え続けてみるクセを持つことが必要だと思います。

     

    頭の中で、あるテーマに沿って、とにかく文字やイメージを線的に継続していくことです。

     

    そういう基礎鍛錬がなければ、思考法もまた無意味だと思います。

     

     

     

    ブログランキングに参加しています。

    クリックで応援をお願いいたします。

     

    JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    【 ランキング参加中 】


    Webサイト
    夜ルコト 心理ワークス https://yorukoto.net
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Mobile
    qrcode