<< 精神疾患と『自己形』 | main | お詫びと訂正 >>
2019.03.26 Tuesday

超越と自己形

0

     

    昨日の記事の補足です。

     

    私たちの”自己”というものは様々な形を取り得るもの。

     

    様々な形を取りうるのは、”自己”というものは誰にでも共通の絶対的な構造ではないからです。

     

    本質としては、あらゆる”自己”は私たちの言語的な認識作用が見せる幻想、存在しない空想上の観念なのです。

     

    (このことは宗教的な文脈では、シンプルに『”私”はない』などと表現される)

     

    そしてこの『”自己”は幻想である』ということへの気付きこそ、宗教的な精神修養における明確な目標、目指すべき到達地点、ある特別なゴールであると言えるでしょう。

     

    ではそうした状態に至った精神の場合、『自己形』はどんな形を取るでしょうか。図で表すとこのようになります。

     

     

     

    統合失調者においてそうであるように、中心的な線の周囲にいくつもの分離した部分が浮かびます。これは何かというと、実は”他者”の意識です。

     

    中心にある少し濃い色合いの精神が、一般に私たちが”これが自己である”と考えている部分。自意識から解放された人、自他境界を抜け出た人からすると、この部分は空間的に強調されている(偶然身近にある)意識なのであって、”私の”意識と言えるものではありません。

     

    空間的に離れている部分にも、同じように”私の”とは言えない意識が遍在していて、そのどれに”自己”が宿るわけでもなく、意識世界は自分/他人という分別無く全体としてただ”在る”という実感を生じます。

     

    ですから上の図は図全体が”意識世界”です。それは”誰の”意識ということはできません。またこの場合、”自己”はこの部分にある、と指し示すこともできません。

     

    想像しにくいかもしれませんが、重ねて言うように、『解放された人は自己を持たない』ということなのです。

     

     

     

    ブログランキングに参加しています。

    クリックで応援をお願いいたします。

     

    JUGEMテーマ:心理学

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    【 ランキング参加中 】


    Webサイト
    夜ルコト 心理ワークス https://yorukoto.net
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Mobile
    qrcode