<< touch a code | main | 瞑想 定期クラスのご案内 >>
2019.04.15 Monday

見牛

0

     

    どうしてだろう。”信用”の問題について考えていると何故かいつも、”ギャンブル”という単語を連想する。

     

    ギャンブル。世間一般で公認されているギャンブルと言えば、真っ先に思い浮かぶのはパチンコ。

     

    あとは麻雀に、最近では仮想通貨というのもそうか(革新的な技術もこうなっては残念なことだ)。

     

    信仰とは、保証された期待。

     

    多分そうだ。期待。その一点で私の見ている歪みは収束する。

     

    期待、人間の期待。それは単純な生理的欲望ではない。

     

    それは保証された期待。より良くあることへの、次の段階へ行くことへの。エゴ・アイディアル、我々を照らすもの、シャドウを生み出すもの、偶像、太陽、フレア、我々の期待。

     

    目的なき期待、対象のない欲求、何を手に入れれば良いのかも知らない悪戯な願望は、取り急ぎ貨幣や地位などの価値の代替物を求める。堅実な道か、博打的な道か。それは大した問題ではない。

     

    期待。良くなること。私たちは、自分がどうあるべきかわからない。理想は見出せない。そんなものはどこにもない。

     

    けれど、行く先を選べない欲求がある。それは確かにある。震える舌の上で、ざらついた指の先で、電気信号がかすかな麻痺を生み出す。

     

    超自我の幻想。超自我の病。我々を照らす太陽。だが、誰が一体、太陽そのものを照らせるのか?

     

     

     

     

     

    我ながらこのブログ、最近好き放題つぶやきみたいに書いてるなぁ・・・。読んでくださっておられる方、どうも申し訳ありません。

     

     

    ブログランキングに参加しています。

    クリックで応援をお願いいたします。

     

    JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    【 ランキング参加中 】


    Webサイト
    夜ルコト 心理ワークス https://yorukoto.net
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Mobile
    qrcode