<< 幻肢痛 | main | 倫理の大きさ、寛容の階段 >>
2019.04.22 Monday

根も葉もなくて満ち足りる

0

     

    宗教的なところを少し突きつめていくと大抵、「主体」というもので躓くようになっている。

     

    例えば「執着しない」とかいうことを考えると、じゃあ執着しない人間は息もしないのかとか、ご飯食べないのか、襲われても逃げないのかなどという批判の手があがるのは当然だろう。

     

    完結に答えだけ言えば、執着がなくても息はするし、ご飯は食べるし襲われれば逃げる。そんなもんである。

     

    それでは理屈が通らん、執着しておるじゃないかと思う方も居るかも知れないが、そういう訳でもない。

     

    こう考えてみれば良い。

     

    『どうして自分の五感だけは特別視するのだ?』

     

    他人が腹が減るのは良い。それで怒って襲ってくるのも良い。それはそれ執着しなければ良い。世の中はそんなもんなのだから。

     

    それでまた、自分の腹が減るのも良い。自分という一匹の猿が、飯を食べたい怖いものから逃げたいというのも良い。

     

    それはそれ執着しなければ、全部道理が通るじゃないか。

     

    どうして自分の五感だけは特別視して、ああしちゃいけないこうしちゃいけないと偏屈をするのか。

     

    私たちは「主体」というものを何か絶対不可侵の聖域のように考えて、しかもそれを制御せねばならんという堅い信念を抱いている。

     

    そんなもの、執着しなければ良いのだ。主体など畢竟幻想だ。

     

    手の上のものを、水に流すような感覚ではまだ浅い。

     

    『その手ごと、その身ごと、丸のまま水に流されていきなさい。』

     

    良寛和尚の声が聞こえるようである。

     

     

     

     

     

     

    ブログランキングに参加しています。

    クリックで応援をお願いいたします。

     

    JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    【 ランキング参加中 】


    Webサイト
    夜ルコト 心理ワークス https://yorukoto.net
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Mobile
    qrcode