<< Turn off the light, take a deep breath and relax | main |
2019.05.05 Sunday

目を閉じ耳を塞ぎ、口も聞けずに、心開いて

0

     

    このブログ、毎日書こうと思っていたのですが、だんだんサボり気味になってきました。

     

    こういうのも一つの感性の変化というか、大げさに言えば人格の変容というものなのかもしれませんね。

     

     

     

    『気付く』、ということについて。

     

    誰が言ったものだったか、「もしも私たちが自分の問題に気付くことができたならば、その時すでに改善ははじまっている」という言葉があったと思います。

     

    前向きで良い言葉ですよね。失敗して落ち込んだときなどのために、胸に刻んでおきたい一節です。

     

    一方でこれは、次のように言い換えることもできるでしょう。

     

    「自分に問題があると気付くまでは、進歩や改善はない」

     

    自分自身で気付くも良し、他人から指摘されて気付くも良し。我が身の問題に気付けるということは、本当にありがたいことです。(幸いなりいやしくも過ちあれば人必ずこれを知らんことは)

     

    自分に問題があると気付く――ここで言う”気付く”というのは、単に人から言われるとか、物事を失敗するという以上のことではないでしょうか。

     

    それよりももっと深く、事実の因果関係を認識して、それが自分自身に責を負うべき問題であると“受け入れる”ことを指していると思います。

     

    問題を受け入れるために必要なこと。客観性。公平性。勇気。覚悟。真実への信頼。

     

    いくらか挙げてはみましたが、みなどれも得がたいものです。

     

     

     

     

     

     

    ブログランキングに参加しています。

    クリックで応援をお願いいたします。

     

    JUGEMテーマ:心理学

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    【 ランキング参加中 】


    Webサイト
    夜ルコト 心理ワークス https://yorukoto.net
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Mobile
    qrcode