<< 純粋意識と感覚および自意識の関係 | main | 超実存とトランスパーソナル  >>
2019.06.09 Sunday

超実存とトランスパーソナル 

0

     

    基底と境界との関係をフラクタルなものとして理解すると、境界が生成された初期の時期であればあるほど、それはより自由で多様な形態を取り得るものだと考えられる。

     

    幼児が抱くファンタジーや世界観などは、基底の側から検討すれば他愛のない錯誤にすぎないが、境界的に捉えればそれらの極端に主観に基づいて理解された世界観も、新たな領域により自由なやり方で描き出された宇宙のひとつの姿なのであって、間違いであるとか劣っているというようなことは言えない。

     

    こうした新たな宇宙としての境界もまた成長、拡大、発展しつつ姿を変えていくものであるが、それに伴って徐々に、境界の中に基底の側のマクロな法則が流れ込んでくる。

     

    境界は基底に包括される形で生み出され、基底の中で成長していくものだから、基底からのフィードバックというものが必ず紛れ込んでくるのだ。(子供は成長するにつれてファンタジーを失い、代わりに現実に関する様々な理屈を得る)

     

    このように境界は、その成長において必然的に、基底に同化していく性質を持つ。

     

    その個体の経験や倫理観宗教観などによって、境界と基底のどちらに重きを置いてパーソナリティを構築しているかということは異なるが、境界に重きを置けばより主観的でファンタジックな世界観を、基底に重きを置けばより客観的で現実的な世界観をパーソナリティの中に構築することになり、こうした心のバランスの違いもまた、人間個々の価値観の差を生む要素のひとつであると言えよう。

     

     

     

    JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    【 ランキング参加中 】


    Webサイト
    夜ルコト 心理ワークス https://yorukoto.net
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Mobile
    qrcode