<< 悟りとは何か | main | 悟りと病理 >>
2019.07.24 Wednesday

悟りと人格

0

     

    悟った人、と言えば真っ先にブッダを想像するだろう。その慈愛や賢さなどの性質について考え、自分もそうなりたいと思うのは自然なことだろう。

     

    だが本当に、悟りに進むことは即、人格の洗練や向上を意味するのか?

     

    それは違う。

     

    悟りと人格の洗練にはもちろん関係があるが、絶対的な関係ではなく、間接的な関係にある。

     

    悟っていなくても洗練された人格の人はいるし、悟っていても洗練されていない人もいる。

     

    だが悟りに進まなければ、本当の意味で人格が洗練されることはない。

     

    また、悟りに進んでより高い視点の現実認識を得ることで、私たちは自然に自分の在り方を見直しはじめるようにもなる。

     

    (ルドルフ・シュタイナーは、健全な知性と思想を持つことによって私たちの持つ感情の構造全体が影響を受け、矯正されていくことについて述べている)

     

    悟りに至る/至らないの違いは、ちょうど泳ぐときに浮き輪を付けているかいないかの違いのようなものだ。

     

    浮き輪はある程度まで便利なものだが、ある時点からは泳ぎの邪魔になるので、より上達するためには取り外さなければならない。

     

    別の視点から言えば、悟ったからといって、即ちその人の人格が優れているということにはならない。

     

    悟りは天井を取り払うだけだ。人格の洗練は、生きている限り続く。

     

     

     

    JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    【 ランキング参加中 】


    Webサイト
    夜ルコト 心理ワークス https://yorukoto.net
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Mobile
    qrcode