<< 悟りと男女 | main |
2019.07.28 Sunday

悟りと見立て

0

     

    もしも私たちが精神修養を指導すべき立場にあるなら、修養者一人ひとりの精神をどのように成長させていけば良いか、その見立てを持たねばならない。

     

    自分が教わったこと一つ、これ一つやっておれば何とかなるだろうと、そんな粗雑な理解ではいけない。指導者は、修養を通して自らの精神に起きた変容の本質を良く分析理解し、そこから逆算して、まだそうでない人が先に行くためにはどのようなピースが必要なのかを考えねばならない。

     

    自己形成の課題を持っていたり、特別な環境下にある人についてはそれ相応の工夫が必要である。そうした個別の工夫を上げていけば人類70億通りのものがあり一口に言えないが、参考までに基本となる典型を次のように考えて良い。

     

    悟りの課題には、頭と心、この2つがある。

     

    頭とは論理や教学、賢さに関わること。

     

    心とは人間性や奉仕、心の豊かさに関わること。

     

    二つの課題の両方が整って始めて、悟りの段階は姿形が整う。頭だけ良くしても冷え切った哲学になり、心だけ良くしてもほとんど狂気に近い。

     

    両方を良い状態に育てていくことが必要だが、精神修養の始まりの段階では、一般的に男性は頭の部分はすんなり起きてくるのでこちらに偏重する。女性は心の動きを通して学ぶことがはっきりとわかりやすいので、そちらに偏重する。

     

    だから男性は仏教とか哲学などに適応が良く、女性は神秘主義や、キリスト教浄土真宗などの物語の教えと、奉仕活動に適応が良い。(あくまで典型であり、あてはまらない人も多いが)

     

    そして大体、偏重したままである程度の段階まで進み、最後の最後でもう片方の問題に行き詰まる。

     

    行き詰まって、ぶち当たって、この最後の壁を崩壊させたら、そのあたりで本人自覚するところがあるだろう。

     

    例として言えば、頭だけでやってきた人は、何かしら大変ショックな出来事でそれまでの情動や世界観が揺さぶられた時に壁を乗り越えたりする。

     

    心だけ育ててきた人は、整った良い教学を少しずつ学んでいく中で、いずれ物事の整合性がかちりと絡み合う、そのような霊的ひらめきで不意に視界が開かれることもあるだろう。

     

     

     

    JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    【 ランキング参加中 】


    Webサイト
    夜ルコト 心理ワークス https://yorukoto.net
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Mobile
    qrcode