<< 宇津流霊 | main | Voodoo rigger >>
2020.03.15 Sunday

( When we have shuffled off ) This mortal coil

0

     

    有名になりたかった。

     

    それなりの地位を得て、人々の承認を得て。

     

    なぜそうだったのだろう、と考えていた。

     

    有名になって、大きな組織を作ったりすれば、もっと多くの人に有用な知識を分け与えられる。そのためだろうか。それは違う。知識はこの世界そのものに既に書かれている。私達は必要に応じて、必要な分だけをそこから取り出す。必要な時に、必要なだけ与えられる。それは世界に任せれば良い。私のすべきことではなかった。

     

    それでも人間の文化を押し上げたり、その役には立てるかもしれない・・・馬鹿馬鹿しい話だ。人間というこの同族どもだけを、いたずらに宇宙にのさばらせるための、必然性のある理由は見つからない。

     

    苦しんでいる人、自分のように苦しんで追いやられた人たちを救えるかもしれない。それもまた詭弁だ。軽率な援助が反面で人の思いを歪ませ、その押し出された分でまた別の問題が持ち上がる。苦しむ人は常におり、それを克服するものも、克服せずに死んでいくものもいる。またそれらの苦しみを、ほとんど知らずに生きる人々もいる。それもまた世界の采配による。

     

    なら、なぜだったのだろう・・・と考えて、結局こういうことを思った。

     

    私はただ、安寧が欲しかったのだ。このひとつの生命の、自分という存在の、永遠に守られるであろうという確証を。

     

    地位や、名声や、収入の大きさによって、私は私のこの存在を、より確かで永続的なものにできると思ったのだろう。

     

    考えてみれば、他愛ない話だ。

     

    それは無邪気な、少年少女の空想だ。

     

    小さな、温かい命の、切なる願いだ。

     

    そんなに悪いものでは、なかったのかもな。

     

     

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    Webサイト
    夜沌舎 https://yoton.org
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Mobile
    qrcode