<< 手紙 | main |
2020.09.05 Saturday

使い捨てのヒーロー

0

     

    どうやらこの社会はいまだ、新しい時代へ舵を切らないらしい。

     

    より力のある人と結託する、という単純な集団主義の力学と、明るい展望だけをひたすら視界に収めようとする割り切った態度が世を覆っている。

     

    それはそれで良い。その上で、私のような社会思想的な宗教者が考えるのは、この日本の適応スタイルの負の側面をどう吸収していくかということである。

     

    簡単に言えば、前述のような適応態度は革新や改善のない低成長の世界を招く。更に悲劇的なのは、こうした社会では優秀な人間が真っ先に排除されていくということである。

     

    人に優しく、自分で考える力を持ち、賢くて逞しい人間。大抵の親が子に望むそうした性質の全てが毒になる。賢い子供は社会の不条理に気付いてしまう。弱者を助けようとし、自分の心技体に自信を持ち、声を上げていつも何かを良い方向へ変えようと努力する。

     

    そういう者を社会は求めない。むしろ多少愚鈍でも従順で意志が弱く、それでいて我慢強い子供が良い。こういう人々は今の社会にすんなりと適応できるだろう。

     

    問題は社会不適合者――比較的高い資質を持って生まれてきた人間に、破綻せず生きるための道を与えることである。

     

    資質の高い人間は自己実現に問題を抱えやすい。社会の隅に追い詰められた彼らが、自分の中の誇大妄想と結びつけてどのような凶行に及び得るかということは想像に難くない。

     

    奪われた「無敵の人」は、確信犯的な私刑を遂行する「ヒーロー」に変わる。彼らは匿名のコメントの世界で大いに賞賛を得るだろう。それは、自分の手だけは決して汚さないくせに、心の奥底ではいつも世の中に不満を抱えて自分以外の”誰か”がそれを裁いてくれれば良いと考えている、醜い私達の心の要求にいかにも呼応する娯楽だからである。

     

    人の心に蓋はできず、抑圧すれば必ず怪物が生まれる。彼らは犯罪を犯してヒーローになる。一回きりの正義。使い捨ての英雄。顔も見えない暗闇の中で誰かがこっそりと拍手をする。身元不明の万歳の合唱。

     

     

     

    しかし、全く別の道を示すことができるはずだ。より実存的な領域、より創造的な領域でこそ、彼らは自分がこの世界に生まれてきたことの真の意味を知ることができる。この宇宙で、孤独と不条理にまみれて生きている私達一人ひとりの現実。その現実を直視できるような存在の居場所と模索の装置を、私達は持っていなければならない。

     

    使い捨てのヒーローなんてつまらない。じりじりと僅かずつしか進めなくとも、地に足を付けて現実を開拓する方が面白い。高い資質に揺るぎない強靱な倫理を併せ持てば、どれほどの奇跡を私達は成し得るだろう。

     

    私はもう一度見る。この眼で。次の時代に、月の光の中で燦然と輝くあの宝石の谷を。

     

     

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    Webサイト
    夜沌舎 https://yoton.org
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Mobile
    qrcode