<< 学ぶこと | main | バウンダリーについて >>
2018.10.20 Saturday

男女について

0

     

    学んだこと。

     

     

    『男女について』

     

    男性と女性には同じだけの価値がある。けれど、男性と女性は同じものではない。

     

    脳の大きさが違う。免疫の強さが違う。何より子を産む、産まないの違いがある。

     

    男女の善し悪しを論じることはやめよう。そしてもし誰かが「男性は女性より優れている」と思うなら、それはまだ考えが浅い。

     

    男女の対立は、知性と生命の対立。

     

    私たちは生物だ。遺伝子を通して生きている生命の木にとって、要求を司る女性は幹、適応を司る男性は枝葉のようなものだ。

     

    女性はあふれ出すもの、男性は引き締めるもの。カオスとロゴス。混沌と秩序。生命と知性。心と頭。

     

    本当に大事なことは、一人の人間の中に宿る「知性と生命」が手を取り合うことだ。

     

    そして自らの内なる男性性と女性性を共に受け入れ、調和させた人間こそ、真に健康な人間なのだと言える。それは肉体が男であるか、女であるかに左右されない。

     

    だから男性は、自分の中の生命を忘れてはならない。

     

    そして女性は、劣等感を抱いてはならない。生命は混沌として醜いものだ。それは男女の別を問わず、自然本来の姿だ。男も女も、共にこの醜い生命というものに繋がれている。その点を見抜くことができれば、今まで醜いと思っていたものの、本当の意味がわかる。

     

    最後に、愚かなフリードリヒ・ニーチェがまだ息の根を止めていない時のために、この一文を付け足しておく。

     

    知性は生命を超えることなどできない。だがあなたはこれに対する反論を考えはじめるだろう。道化師よ、そう考えているものは何か?見ているものは何か?聞いているものは何か?感触を味わっているものは何か?

     

    自分で自分を自分以外に変えることのできる者など、果たしているだろうか?

     

     

     

    ブログランキングに参加しています。

    クリックで応援をお願いいたします。

    ブログランキング・にほんブログ村へ

     

     

    JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    【 ランキング参加中 】

    にほんブログ村
    Webサイト
    夜ルコト 心理ワークス https://yorukoto.net
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM