2020.02.02 Sunday

exit

0

     

    先日、長らく宙吊りの状態となっていた英国のEU離脱が正式に行われた。

     

    欧州議会での最後の演説では、英国の離脱を推進してきたファラージ議員が、現在この地球上ではグローバリズムとポピュリズムの歴史的な争いが繰り広げられている、という良く要約されたわかりやすい論旨を述べた。

     

    グローバリズムとポピュリズム。日本語で訳すと恐らく、世界主義と大衆主義ということになる。

     

    前の記事の言い方で言えば、大社会の倫理と、小社会の倫理との対立。

     

    抽象的な倫理の矛盾がこれほどはっきりと具体化するに至って、現在の人類が抱える問題の姿は極めて明瞭になった。

     

    『我々はどの範囲の倫理を取ることで、最も利益を得るか?』 論点はただこれだけである。

     

    環境破壊やフリーライドに対する企業の責任について、或いは過剰な規制と罰則がもたらす不利益や監査官の堕落について、私達は最早それを正義とか合理の文脈で話し合う必要は無い。

     

    グローバリストもポピュリストも、やっていることは何も変わらない。彼らの違いは倫理の範囲の違い、つまり戦略の違いだけなのだから。

     

    こういう反論があるだろう。「グローバリズムは全体を考慮するという意味で公平だが、ポピュリズムは自分たちの利益ばかり優先し、他の人々を排除しようとする点において卑怯で間違っている。」というような。

     

    だが考えてみてほしい。一体あなた方の言う、そのグローブつまり世界というのは、本当は何を指しているのか?

     

    あなた方小さな人類がグローブと呼んでいるのは、実際には、人間が支配する、人間が知っている、人間が構築してきた、人間のための社会全体のことだ。

     

    それは本当に公平なのか? 公平だとしたら、誰にとって? 人間にとってか? 動物や植物にとっては? 無機物にとって、他の銀河や他の世界にとってはどうだろう?

     

    問われれば、あなた方は事も無げに言うのだろう。「その人たちは、私には関係ない。その人たちのことは、私は知らない。」

     

    見方を変えれば、グローバリズムというのも、戦勝国が戦争の暴力で取り決めた人権条約を原理とする、一種の世界宗教に過ぎない。

     

    どちらを選べばより有益なのか?

     

    小さな世界の中の、どんぐりの背比べだ。難しく考えず、いっそ胸を張って争えば良い。

     

     

     

    JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

    2020.01.24 Friday

    2月 「気軽に瞑想会」のご案内

    0

       

      来月の瞑想会の告知をさせていただきます。

       

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

       

      日付:2020年2月19日(水)

      場所:高松市 生涯学習センター

         (まなびCAN) 2F和室

       

      時間:

       ◎初心者指導  19:00〜19:30

       ◎瞑想の時間  19:30〜20:00

       ◎情報共有など 20:00〜20:30

       

       ※ タイムスケジュールは目安です。

        その場の雰囲気で

        ゆる〜く行っていきます。 

       

      参加費:無料

      参加資格:18歳以上の方

      持ち物等:特にありません

       

      諸注意 】

       

      ◎初回の方は、事前にメールなどで

       ご連絡ください

       

      ◎必要であれば簡単な瞑想のレクチャーを

       しますので、ご希望の方は19:00からの

       初心者指導にご参加ください。

       

      ◎瞑想はフリースタイルで行います。

       時間だけ合わせて、ご自分のやり方で。

       音だけ出さない方法でお願いします。

       

      ◎当方宗教団体ではなく、勧誘や寄付の依頼

       などは全くありませんが、精神や死後に

       まつわる話なども軽挙雑多に取り上げ

       ますので、そういったものが嫌いな方は

       ご注意ください。

       

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

       

       

       

      JUGEMテーマ:心理学

      2020.01.23 Thursday

      絡みあう舌

      0

         

        個々の人間は、いくつもの倫理を同時に持つことができない。

         

        だとすれば私たちが考えねばならないことは「どの倫理を持つことが最も有益なのか?」ということだろう。

         

        それは選択肢の中での取捨というよりも、スペクトラム上の位置取りの問題である。

         

        小社会的な倫理と大社会的な倫理を対比して説明したが、これらは厳密にはっきりと線引きされて私たちの前にあるものではない。その人が人生を通して向き合う様々な現実環境の中で、場面場面歪に混交しつつ、時には小社会の答えと大社会の答えが人格破綻的にちぐはぐに結びつきながら、結果としてあるひとつの重心を示すようなものである。

         

        (そして、そのような歪な倫理の混交と葛藤のストレスから逃れるために、人は強力なイデオロギーやカリスマを通して、自分の存在の倫理的側面が完全に統一されることを望む。あり得ない理想ではあるが。)

         

        与えられた環境に応じて、小社会の倫理と大社会の倫理のいずれが有益(正しい倫理)なのかは異なってくる。

         

        簡単に図示すると次のような関係がある。

         

         

         

         

        今日の世界統治の情勢は、こうした倫理の構造が破綻した様子を良く示している。世界が排他主義と理想主義に別れて相争うのは、小社会と大社会がお互いの長所短所といった特性を理解せず、悪戯に自分の側を絶対正義のように語ることから起きている。

         

        それは恐らく、電子通信や生産技術の発達により、私たち個々の人間の感性や生き方が急激に多様化したこと、そしてこれまで誰も想像しなかったレベルで、世界中にくまなく相互監視の状態が構築されつつあることなどに起因するのだろう。

         

        結果として、小社会の人にとっては大社会の人が、大社会の人にとっては小社会の人が、理屈の通じない、それでいて決して無視できぬ頭の痛い存在に変貌し、社会構造はマヒしてしまう。

         

        このような体制の中で、排他主義者はその最大の武器である利権構造の集約を加速させはじめ、それは徐々に虚偽や横領などの集団秩序の腐敗を招く。反対に理想主義者にはメディアと世論とが大きな支援となるが、民衆の激情を煽ることに固執し始めると衆愚的な、中身のない熱狂的な破滅への道を先導するようになる。

         

        今現在、この世界の情勢がどのような状態にあり、スペクトラムのどの位置が最も有益な戦略を提供するのかということは私にはわからないが、少なくとも、電子通信普及前に比べれば大社会の影響は非常に急速に増大しており、それ故にグローバリストや共産主義者のような類の人々が、大手を振って我が世の春と勘違いし得るような状況になっているのは確かだろう。

         

        小社会の人は、集団が大きくなるにつれて大社会の視線とその影響を深く考慮せねばなるまい。また大社会の人は、自らの思想信条が唯一絶対の答えであり、それ以外の倫理が存在しないというような思い違いは、手放さねばなるまい。

         

         

         

        −−−

        後記

         

        このようなことを書き連ねてきて、私自身は、この小さな私たち人間の世界観に、いささか倦み疲れる所がある。小社会とか大社会とか、それはあくまで人間社会の中での規模の括りであって、倫理そのものはより大きく取れば、生命全体とか宇宙全体とか、その先まで更に拡大していく。

         

        だが生憎、高度な倫理はある段階まで行くと、人類という種にとって極めて有害な側面を帯びてくる。それはちょうど、私たちが自分の人生設計をする時に腹の中の大腸菌の一生まで考慮したりはしないのと同じことで、高度な倫理は人類の滅亡や、この宇宙それ自体の消滅を確約している。

         

        そのようなより”正しい”倫理は最早、人類にとってハビタブルなものとは言えないし、人類の団結や協調の為に役立つとも思えない。が兎に角、私は何らかの因果の結果として、そのような地点にまで進んだ(という空想を持つ)。そして後戻りできないことに気付く頃にはとっくに、私の倫理的感性、私の思想信条にとってこの人間世界は、ハビタブルなものとは言えなくなっていた。

         

        私がこの社会に望むのはただ、私自身を同居可能な(願わくば、有益な)狂人として理解してもらうこと。それだけだ。

         

         

         

         

         

         

        JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

        Calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << April 2020 >>
        Webサイト
        夜沌舎 https://yoton.org
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Mobile
        qrcode