2019.04.22 Monday

根も葉もなくて満ち足りる

0

     

    宗教的なところを少し突きつめていくと大抵、「主体」というもので躓くようになっている。

     

    例えば「執着しない」とかいうことを考えると、じゃあ執着しない人間は息もしないのかとか、ご飯食べないのか、襲われても逃げないのかなどという批判の手があがるのは当然だろう。

     

    完結に答えだけ言えば、執着がなくても息はするし、ご飯は食べるし襲われれば逃げる。そんなもんである。

     

    それでは理屈が通らん、執着しておるじゃないかと思う方も居るかも知れないが、そういう訳でもない。

     

    こう考えてみれば良い。

     

    『どうして自分の五感だけは特別視するのだ?』

     

    他人が腹が減るのは良い。それで怒って襲ってくるのも良い。それはそれ執着しなければ良い。世の中はそんなもんなのだから。

     

    それでまた、自分の腹が減るのも良い。自分という一匹の猿が、飯を食べたい怖いものから逃げたいというのも良い。

     

    それはそれ執着しなければ、全部道理が通るじゃないか。

     

    どうして自分の五感だけは特別視して、ああしちゃいけないこうしちゃいけないと偏屈をするのか。

     

    私たちは「主体」というものを何か絶対不可侵の聖域のように考えて、しかもそれを制御せねばならんという堅い信念を抱いている。

     

    そんなもの、執着しなければ良いのだ。主体など畢竟幻想だ。

     

    手の上のものを、水に流すような感覚ではまだ浅い。

     

    『その手ごと、その身ごと、丸のまま水に流されていきなさい。』

     

    良寛和尚の声が聞こえるようである。

     

     

     

     

     

     

    ブログランキングに参加しています。

    クリックで応援をお願いいたします。

     

    JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

     

     

    2019.04.21 Sunday

    幻肢痛

    0

       

      完全な自由の中では、人は自己を特定することができない。

       

      制約のない創造は、とりとめのない明晰夢のように霧散してしまう。

       

      魂の恩寵さえグラビトンの幻影に過ぎないのだとしたら、私たちも、私たちのこの世界も、乱れた場の力学の中の杞憂でしかないのかもしれない。

       

      私たちがアリであった時代には、私たちは天のことを考えなかった。

       

      私たちが人になって久しい頃から、天は私たちにもの足りなくなっていった。

       

      『存在の耐えられない希薄さ』

       

      怪しげな文体で、誰かが壁にそう書いた。それを見てまた、他の誰かが呟いた。

       

      「いいやきっと、私たちは、自分自身の存在が”理屈よりも重すぎること”に耐えられないのだ」

       

      私たちがアリであった時代、私たちは、まだ、自分自身の重さについて考えたことがなかった。

       

       

       

       

       

      書くことがないのでポエムでお茶を濁すテスト・・・

       

       

       

      ブログランキングに参加しています。

      クリックで応援をお願いいたします。

       

      JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

       

       

      2019.04.20 Saturday

      創造の血液

      0

         

        安楽や快感だけを追求するような思想は間違っていると思う。

         

        けれど世の中には実に、そういった考えや理論というものが多い。

         

        これは正しいとか、これは間違っているとか、ひとつひとつをあげつらうつもりはない。そんなことはただただ不毛なだけだ。

         

        だがもし、これからの世界の人々がいるならば、是非考えてみてほしい。

         

        それは、私たちは熱すぎもせず、寒すぎもしない場所で生きなければならない、ということである。

         

        熱さ寒さ、我々の感性。その根源とは何か。

         

        熱さ寒さは、一見すると、例えば砂漠や凍土などの環境に由来するもののようにも思える。

         

        しかし真実そうではない。

         

        熱さ寒さは、我々のこのタンパク質の肉体が生命活動を維持するための、至適温度を基準にして決められている。

         

        もしも私たちが絶対零度の宇宙空間で生きる生物だったなら、或いは超高温の恒星近縁で生じた生命であったならば、その肉体における至適温度は大きく変わるだろう。

         

        そしてまた、熱さ寒さの基準もそれに準じて変動する。言わば、-40℃を暑いと思うか寒いと思うかは、その生命の生存意図によって規定されるのであって、純粋に環境それ自体が、我々の暑さ寒さのクオリアを決定しているわけではない、ということなのだ。

         

        10℃と50℃の液体の間の、ほんの僅かな温度の違い。どうして私たちはこれを選り分けて、そこから冷暖の感覚を得ることが出来るのだろう。

         

        それは我々の生命設計において、まさにその中間の20数度から30数度という温度が種族維持のためのハビタブルゾーンを成しているからだ。

         

        そこからこう言うことができる。「熱さ寒さの感覚は、環境の物理的状況に由来するのではなく、我々自身の、生命の維持存続の欲求に由来する」。

         

        私たちは、暑すぎもせず、寒すぎもしない場所に生きなければならない。

         

        感性とは、そういう道理によって私たちに備わっているものなのだ。

         

        それがわかるのであれば、さらにこう考えてみてほしい。

         

        私たちは、快感だけを求めすぎず、また苦痛ばかりが生じないように注意して、生きていかなければならない。

         

        禍福は糾える縄の如し。快楽だけを求める思想は必ず破綻してしまう。

         

        働くのは、後で笑うためだ。助けるのは、自分が助けてもらうためだ。

         

        苦しみのない世界なんてない。苦しみの滅却された理想郷などを想像するのは、間違っている。

         

        そう言って自ら進んで苦しみを受ける人を人は愚かと言うかも知れないが、例え一見して無駄に思えるとしても、その苦しみの供物はこの世界の秩序法典の中に刻み込まれる。

         

        その人々が世界のバランスを取り、創造を継続させ、宇宙を続けていく。創造に荷担するひとつのエネルギーとして。

         

        二重らせんの中に潜んでいる力は、目には見えず、触れることもできない。

         

        だが目には見えないその”アストラル的な”システムの中に、この世界を維持構築するための神秘の力は宿っている。

         

         

         

        ブログランキングに参加しています。

        クリックで応援をお願いいたします。

         

        JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

         

         

        Calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << May 2019 >>
        【 ランキング参加中 】


        Webサイト
        夜ルコト 心理ワークス https://yorukoto.net
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Mobile
        qrcode